世田谷区 リピーター個性的

用賀周辺ならココ♡個性的で可愛いエクレアとケーキ リョウラ

用賀周辺で高品質なケーキが食べたいなら「リョウラ」がオススメ。お店のケーキはどれも可愛くてメリハリの効いた個性的な味付けがSNSで大評判。一度食べて「ハマっちゃう人」がたくさん居るそうです。
スポンサーリンク

SNSで人気のケーキ

 

View this post on Instagram

 

てにすいさん(@tennisweets)がシェアした投稿

お店のメインである大人気の「エクレア」はたくさん種類があって、しかも季節によって使う素材がドンドン変わるので中々ご紹介が難しいのですが、その中でも最近SNSでよく推されているのが、こちらの「エクレール グルマンディーズ」です。

私は手掴みでパクリ。するとサクサクとしたエクレアと、フワッと軽いベリー風味のシャンティが口の中で溢れ、さらに濃厚なバニラ風味のババロアと、甘酸っぱいフランボワーズのコンフィチュールがワンテンポ遅れて追っかけてきます♡ 甘さ控えめで美味しい…

味のバランスが絶妙で、モグモグしていると”至福の幸せ”を感じますね。かなりレベルが高いエクレアだと思いました。

 

View this post on Instagram

 

てにすいさん(@tennisweets)がシェアした投稿


こちらも大人気「ミルフィーユ・ルージュ」です。

もうこの見た目にヤラれてしまい、食べる前から”絶対美味しい”と思ってましたが、それ以上でした。

ちょっと塩気のあるザクザクとしたフィユタージュ(パイ生地)は垂直に立ててあり、グチャッと潰れずにフォークでサクッと切れるから周りに散らばりません。これ良いですね。食べやすいです。発酵バターの風味が濃厚でメッチャ美味しい♪

トップのシャンティはピスタチオ風味で少し軽い感じ。中にはコクがあって濃厚なカスタードクリームと、甘酸っぱくて香りの強いフランボワーズのコンフィチュール、さらにミルキーなバニラと、酸味が強い(スグリ?)赤色のムースリーヌまで”コラボサンド”されていて、1口頬張ばれば、もう夢見心地に♡

だめだ…ウマすぎる… 甘さ控えめで、口に入れた時の”バランス”がとにかく素晴らしかったです。かなり”売り切れ率”が高いらしいので、食べてみたい方は午前中に行ったほうが良いと思います。

 

View this post on Instagram

 

早川愛 MEGUMI HAYAKAWAさん(@megumegu_1006)がシェアした投稿


これもよく推されているレブリー(520円)です。

トップにフワッとしたシャンティ、外側のコーティングは”ベリー風味のホワイトチョコ”に香ばしい”ナッツ”が混ぜてあり、ほのかなバラの香りがしました。少し甘め。

中は甘酸っぱいフランボワーズのムースと、2層に分かれた酸味の強い”ベリーのジュレ”に濃厚でクリーミーなフランボワーズのクリームが詰まっていて、グッとメリハリが効いているのに、口の中では”まろやかな優しい味”に変化します♪ こちらもペロリと食べちゃいました。

 

View this post on Instagram

 

cacoさん(@cacocaco2017)がシェアした投稿


ピスタチオの濃厚さが存分に楽しめる「スワイユ」です。

表面を覆うピスタチオのバタークリームはとにかく濃厚で滑らか。中には甘酸っぱいチェリーのジュレと、バタークリーム以上に濃厚なチョコクリームがたっぷり♡ これは濃いですね…メッチャ濃い。でも甘さ控えめですごく美味しいんです。土台の香ばしいアーモンドメレンゲも”サクサク”でイイ感じでした。

ピスタチオとチョコがこれだけグググッと来るのに、チェリーの酸味をあまり尖らせず、後味を”ピスタチオ一色”でまとめているのが素晴らしいです。味は濃厚だけど食感は軽い。だからペロッといけます。今日食べた中では一番美味しかったかも知れません。

まとめ

以上ですが、ケーキの味付けはどれも濃いです。コッテリとした濃い味付けで、ハッキリとメリハリを利かす。

これってある意味、古典的なフランス洋菓子の基本中の基本だと思うのですが、食べてみるとその濃さが、いつの間にか”旨味”に変わっているというか、素材の組み合わせとバランスが本当に絶妙なんですよ。だから濃いけど美味しいんです。

好みは分かれると思いますけど、筆者はこういうの大好きですね。またすぐに行きたくなる良店だと思います。

スポンサーリンク

お店の特徴(外観、イートイン、サービス面)

 

View this post on Instagram

 

世閎さん(@shi760528)がシェアした投稿


お店の外観はネイビーとパステルブルーを基調に、お洒落で上品な雰囲気が漂います。

 

View this post on Instagram

 

Lloyd’s Antiquesさん(@lloydsantiques)がシェアした投稿


お店の中はこんな感じ。センスの良いアンティーク家具が光りますね。イートインは「将来的に設置する予定」との事で、残念ながらありませんでした。あと↓

リョウラの「マカロン」 「ピエール・エルメ・パリ」でスーシェフ、「ドゥー・パティスリー・カフェ」でシェフを務めた菅又さんがつくるこだわりのマカロン ♫自家挽きした風味豊かなアーモンドの香り、甘さがしっとりと感れる生地、一度食べたら忘れられない味です♡

エルメと言えばマカロンですもんね。その直弟子が作ってるんだから不味いはずありません。SNSでは焼き菓子も幅広く推されていました。

オーナー紹介

オーナーシェフの菅又亮輔(すがまたりょうすけ)さんは製菓専門学校を卒業後、国内のパティスリーに勤務して26歳の時に渡仏。ノルマンディ、 ローヌアルプ、アルザス、パリなどに点在する有名パティスリーを渡り歩き、約3年間、厳しい修行に明け暮れました。

帰国後は「パティスリー界のピカソ」と言われる「ピエール・エルメ」氏の下でスーシェフを務められ、エルメ氏独特の高度な技術の数々を直々の指導で習得。そして2015年10月、このお店を開いたそうです。

菅又シェフのこだわりは「自分から出てくる雰囲気をまとった個性的なお菓子を生み出すこと」だそうで、店名をフランス語で未来形を表す「ra」(つまり未来への前進)と、オーラの「aura」を組み合わせ「Ryoura」と名付けられたのだとか。

これはまさにお店に並ぶ”可愛くて個性的なケーキ”そのままだと思いますし、菅又シェフのスイーツにかける”熱い思い”は多くのファンに届いているようです。そしてこんな事を書いている人がいました↓

お世話になったシェフのお店へ行ったとき混んでて会えないかと思ったけど、わざわざ出てきてくれて学校の時と変わず、気さくで楽しい人で、やっぱりすごい人なんだと改めて実感。

ケーキ、焼き菓子どれも美味しくて自分も頑張らなくちゃと思った!☺️ありがとうございました!!

菅又シェフは「リョウラ」を開く以前、多くの製菓学校で特別講師として招かれ、生徒さんの指導に当たられていたそうで、シェフの人と人との繋がりを大切にしようとする”誠実なお人柄”がよく表れています。

もしかするとこの辺りに”人気の秘密”が隠されているのかも知れませんね。

スポンサーリンク

店舗の詳細

リョウラ 2015年オープン
住所東京都世田谷区用賀4-29-5 グリーンヒルズ用賀ST 1F
電話番号03-6447-9406 予約可
営業時間11:00~19:00、日曜営業
定休日火曜日・水曜日
店舗形態洋菓子専門店
価格帯
(1単価)
ケーキ:400円~500円台
イートイン無し
駐車場無し
特記事項完全禁煙、カード可(3000円以上)
公式サイトリョウラ
SNSfacebookInstagram
近くの
観光地
砧公園(桜の名所として有名)世田谷美術館(砧公園内の美術館、区民ギャラリーは無料で閲覧可能)


周辺地図口コミも閲覧可能です

参考ページ

リョウラ on Instagram • Photos and Videos
304 Posts - See Instagram photos and videos taken at ‘リョウラ’

実食ブログ

『リョウラ*災難な娘』
こんばんは♡今夜は寝かしつけに時間かかりまくりでぐったりブチギレたわ!23時半にやっっっと二人ともフィニッシュ。遅い、遅すぎるどうなってるの、うちの子たち体力…
Scroll Up pocketlinehatebuimagegalleryaudiovideocategorytagchatquotegoogleplusfacebookinstagramtwitterrsssearchenvelopeheartstaruserclosesearch-plushomeclockupdateeditshare-squarechevron-leftchevron-rightleafexclamation-trianglecalendarcommentthumb-tacklinknaviconasideangle-double-upangle-double-downangle-upangle-downstar-halfstatus