目黒周辺イートインありオシャレ逸品あり

大物芸能人も大好き!手作りチョコの名店 白金台・ショコラティエ・エリカ

ショコラティエ・エリカの人気メニュー/ラム・レーズン
東京の白金台にある「ショコラティエ・エリカ」は女優の「田丸麻紀」さんや「郷ひろみ」さんが贔屓にしていて、めっちゃ美味しいとSNSで評判の「マ・ボンヌ」を始め、可愛い手作りチョコが店内に所狭しと並んでいます。ネット通販もやってるから手軽にお取り寄せができますよ♪
スポンサーリンク

SNSで人気のケーキ

1番人気の「マ・ボンヌ・ミニ」( 約5cm×5cm×15cm 1354円 税込)です。他にマ・ボンヌ・バー( 約4cm×4cm×38cm 1918円 税込)やマ・ボンヌ・ブロック( 約5cm×10cm×26cm 2833円 税込)があり、賞味期限はどれも2ヶ月です。

優しいミルクチョコレートの中、ふんだんにマシュマロとくるみが入っています。

ワクワクしますね♡ 期待を込めてパクリ。

チョコはミルキーでとっても滑らか。そしてカカオの味が濃く、それでいて角が無いと言いますか、凄くマイルドで口溶けがいいです。

中にはチョコの中にフワフワでモッチリのマシュマロと、ザクザクとした大粒の香ばしいクルミがたっぷり詰まっていて、甘めなのに1口食べると”ぜんぜん止まらなくなっちゃう”美味しさでした♪ Twitterでも↓

エリカのマボンヌ食べたい期がやってきたので、近々買いに行こう。

相当ファンが多いです。しばらく食べていないと「あ-たべたい!」となる見たいですね(笑)

それから注意書きに「切りにくい時は熱した包丁で切ると切りやすい」と書かれていたのですが、まだ寒い時期だからでしょうか。硬くて上手く切れなかったです。なので私はトースターで1分ほど温めて切ってみたら、呆気ないほどサクッと切れました。

しかも温めるとチョコの風味が増すと言いますか、トロッとして凄く美味しくなるのでオススメです♪ あと、マシュマロとクルミの大きさや密度が、切る場所によって結構ちがっていて、”微妙な味変”を楽しめるのも素晴らしいと思いました。

通販ページ

大人気の「ラム・レーズン」(100g 882円 税込 賞味期限2ヶ月)です。フレンチブルーのパッケージがオシャレ♪

ラムレーズン系のチョコは他店でも多いですが、ホワイトチョコと合わせているのは珍しいです。白黒のコントラストが良く映えて見た目もバッチリ♡

食べてみると口の中でトロリと溶ける甘さ控えめのホワイトチョコと、甘酸っぱくてラムが程よく効いたレーズンが”とてもよくマッチ”していて、上品な後味を楽しめます。

レーズンはラムの影響かも知れませんが、何となく焦がした風味(もしかして軽くフランベしてる?)もあるんですよね。これが味わいに独特の深みを加えている感じで、めっちゃ美味しかったです♪

通販ページ

「トリュフチョコ8個入り」(1345円税込 賞味期限2週間)です。要するにボンボン系のショコラですね。これは通販用のパッケージですが、イートインではバラ売りで好きな物を頂けます(1個:149円~189円)

私が頂いたのは「スリーズサングリエール」(上記写真:左列の下から2番目)というチェリー系のチョコです。チェリーのヘタ付きでピカピカの包み紙を取り、口の中にパクリ♡

キルシュ味(チェリーブランデーの1つ)の濃厚な生チョコに”ブランデー漬けのチェリー”が入っていて、中のブランデーがドバっと溢れ、ホロ苦くて甘い香りが口の中に充満します。

これすごく良いです…とっても大人味で旨味タップリ…♡ トロトロな生チョコと薫り高くて甘酸っぱいチェリーの果肉の”コラボレーション”が素晴らしく、めっちゃ美味しかったです♪

通販パッケージは4個、8個、12個、16個、24個、36個の6種類。ミントやラムレーズンをパックにした大判サイズもあるので、用途に合わせて色々選べるから便利です。

通販ページ

人気の「ミント」(100g 882円 税込 賞味期限1ヶ月)です。葉っぱの形が可愛い♡ 300g(2213円 税込)のパッケージもあります。

美味しい♡♡♡♡♡ 口に入れるとチョコレートの後にミントが追いかけて来て上品な甘さと爽やかさのハーモニー♡

確かにミントがキッチリ効いてますね。チョコとのバランスが良く、凄く食べやすいです。

裏側のチョコはそれほど苦くはなく、口の中でジュワッとトロけるような食感で、カカオの旨味たっぷり。1個食べると後が止まらなくなっちゃいます♡ ミントチョコもガツン系ではありませんが、これはアリですね。とっても美味しく頂けました♪

オレンジピール(左:100g 1177円 税込 賞味期限2ヶ月)とブラックアーモンド(右:100g 882円 税込 賞味期限1ヶ月)です。

オレンジピールはオレンジの皮の砂糖着けにビターチョコがコーティングしてあり、ちょっとほろ苦く、ねっとりとした食感がイイ感じ♡

オレンジピールは少し甘めで、ビターチョコは甘さ控えめだからバランスが良く、とっても美味しかったです。

ブラックアーモンドは要するにアーモンドチョコですが、アーモンドを自家焙煎しているのか、カリカリ感と香ばしさがとても素晴らしく、甘さ控えめで旨味たっぷりのビターチョコと相性バッチリ。こちらもめっちゃ美味しかったです♪

オレンジピール通販ページ

ブラックアーモンド通販ページ

あと、マ・ボンヌの類似商品としてダークチョコにオレンジピールとマシュマロを組み合わせた「ヴォンドメール」(約4cm×4cm×17cm 1096円 税込 賞味期限2ヶ月)も人気になっています。

通販ページ

スポンサーリンク

まとめ

以上ですが、どのチョコも1つ1つ違った趣向が凝らされていて、このお店でしか味わえない美味しさがあり、スイーツ激戦区の白金台で長年お店を張ってきた”骨太の風格”を感じることが出来ました。

パッケージも可愛くて依頼すればお洒落なラッピング(有料)をして貰えるので、贈答用にも便利だと思います。

試食もOK♡斬新なチョコケーキが大人気 代々木八幡・カカオストア
代々木八幡駅から歩いて1分の「カカオ ストア」ではバゲットに板チョコを丸ごとドーンと載せたショコラトーストが大評判♪ お洒落なイートインがあって産地別で試食ができる「珍しい特製チョコ」も沢山あるから、好きな人はハマるかも♡ SNSで人気の...

お店の特徴(外観、イートイン、メニュー、サービス面)

お店の外観はテーマカラーであるフレンチブルー(ミントカラー)とホワイトを基調にした上品かつお洒落な雰囲気で、高級感に溢れています。

最寄り駅からの道順

店内も外観と同じく、爽やかで上品な印象です。イートインはこちらのソファー席の他、窓際にもお洒落な白い椅子とテーブルが並んで、全部で17席ありました。

ドリンクメニューはホットコーヒーがブレンド、アメリカン、エスプレッソ、エスプレッソダブル、こちらは1杯目と同じならばお替りが自由に出来るのでお得♪ もちろんドリンク無しで利用する事も可能です。

他に紅茶、カフェオレ、アイスコーヒー、ココアがホット&アイスで選択可能。ホットチョコレート、オレンジジュースもあり、値段は上のホットコーヒーも含め、全部一律540円です。

あとデザートメニューとしてカットされたマ・ボンヌ(2個)が283円、コーヒーゼリーが540円、各種トリュフチョコが単品で149円~189円で選べます。

基本的にパッケージ入りのチョコやチョコバーはテイクアウト専用で、イートインは出来ないようです。

私も今回は事情があってテイクアウトにしました。店内はかなり混雑していましたが、応対している店員さんはみんな礼儀正しく、丁寧な接客で好感が持てました。

郷ひろみさんもTV番組でこのお店のチョコを紹介してましたし、女優の田丸麻紀さんもご自身のブログで↓

口に入れた瞬間から幸せが広がります。
生クリームやミルクチョコレートなど
優しい甘みのスイーツが
大好き❤

これは田丸さんが1度来店したけど売り切れでガッカリしてたら、ご主人が夕方にもう1度行って「わざわざ買ってきてくれた」のだそうです。ラブラブでいいですね♡

異業種参入したオーナーシェフの手腕

オーナーシェフは「神田光三」さん。元エリート証券マンの方で、40代の頃に様々な事情から証券会社を退職。その後は長年の夢を叶えるためにスイスへ渡り、現地の有名ショコラティエに半ば強引に飛び込みます。

そしてスイス人の若いパティシエ達に混じって、1からチョコレート作りを学び、帰国後は1983年に「ショコラティエ・エリカ」をオープン。見事に都内でもトップクラスの人気店に育て上げたという「極めて異色な経歴」の持ち主なのです。

このお店がオープンした1980年台当時の日本では、まだショコラティエという言葉すら定着しておらず、このお店が草分け的な存在だったものの、最初はかなり経営にご苦労されたとか。

しかし今では押しも押されぬ白金台の老舗として人気を勝ち取り、現在は同じようにスイスで修行された2代目の息子さんと一緒に、お店を切り盛りされているそうです。

そんな神田シェフのこだわりは「徹底した品質管理と厳選した素材で手作りのチョコを作っていく」ことだそうで、例えば8月は「チョコの品質が落ちる」として1ヶ月間も休業してしまうほど、品質には細心の注意を払われているのだとか。

これって中々できることじゃないですよ。だって1ヶ月も休めば常連さんが「他店に行ってしまう可能性」が高くなりますし、丸々1ヶ月分の売上が無くなってしまう訳ですから。

でも逆に言えば、それだけ自分たちのチョコの品質と美味しさに「並々ならぬ自負」があるからこそ、できた決断なのかも知れません。とても素晴らしいと思いました。

スポンサーリンク

店舗の詳細

ショコラティエ・エリカ 1983年オープン
住所東京都港区白金台4-6-43
電話番号03-3473-1656 予約可
営業時間10:00~18:30
定休日8月1日~31日、12月31日~1月3日
店舗形態チョコレート専門店
価格帯
(1単価)
100円~2000円台
イートインあり 17席
駐車場なし
特記事項完全禁煙、子供可、カード可(JCB、AMEX、VISA、MASTER)、ほぼ全商品が通販可能、店内は基本的に撮影禁止ですが、目の前のチョコを撮るのはOKらしいです。
公式サイトショコラティエ・エリカ
近くの
観光地
東京都庭園美術館(アールデコ建築として有名な「旧朝香宮邸」を改装した美術館。壮麗な庭は200円で見ることが出来る)

東京都庭園美術館の公式HP

Googleマップの口コミリンク

お店の地図情報と口コミがご覧になれます。

ショコラティエ エリカ
★★★★☆ · チョコレート ショップ · 白金台4丁目6−43

テイクアウト用の休憩ベンチ

お店周辺で検索しご紹介しています。

ショコラティエ エリカ から 白台児童遊園
Google マップ
Google マップで地図を検索。乗換案内、路線図、ドライブルート、ストリートビューも。見やすい地図でお店やサービス、地域の情報を検索できます。世界地図も日本語で、旅のプランにも便利。

白銀台駅前の「白台児童遊園」には幾つかのベンチとテーブル、水道があります。ベンチの上にはあずま屋風の屋根があり、夏でも少しは涼しいと思われます。

ただ、駅前で遊具も多いので、時間帯によっては子供が多く遊んでいるという情報もあります。その場合はより広々とした白銀台どんぐり遊園(トイレ、水道、たくさんのベンチあり)もオススメです。

インスタグラムの参考ページ

#ショコラティエエリカ hashtag on Instagram • Photos and Videos
4,888 Posts - See Instagram photos and videos from ‘ショコラティエエリカ’ hashtag

※通販分も含みます。

実食ブログ

Scroll Uppocketlinehatebuimagegalleryaudiovideocategorytagchatquotegoogleplusfacebookinstagramtwitterrsssearchenvelopeheartstaruserclosesearch-plushomeclockupdateeditshare-squarechevron-leftchevron-rightleafexclamation-trianglecalendarcommentthumb-tacklinknaviconasideangle-double-upangle-double-downangle-upangle-downstar-halfstatus