超濃厚!メリハリの効いた絶品ケーキが大評判 春日駅アヴランシュ ゲネー

※ 新型コロナの影響により、営業日や営業時間が変更されているお店が多くなっています。詳しくは各店舗の公式HPをご覧ください。

東京その他 インスタ映え リピーター 駅近

超濃厚!メリハリの効いた絶品ケーキが大評判 春日駅アヴランシュ ゲネー

アヴランシュ・ゲネーの人気スイーツ/エピス・フランボワーズ・ブルトン
都営地下鉄:春日駅から徒歩1分の「アヴランシュ ゲネー」は超濃厚でメリハリを効かせた「完成度の高いケーキ」がSNSで大評判。1度食べてハマってしまったリピーターが多く、いまでは都内でも有数の人気店に。エアリーでトロトロ食感の焼き菓子「ギモーヴ」もオススメです。
スポンサードリンク

インスタで人気の絶品ケーキ8点

フォトジェニックで美味しいと評判の「エピス・フランボワーズ・ブルトン」(520円+税)です。

この表面のツブツブはフランボワーズのジュレなんです。食感も面白くて、かなり手間が掛かっている感じ。中はピスタチオのムースがたっぷりで、中心付近に超スパイシーなガナッシュという、刺激的な構成。

なので見た目と全然違い、口に入れると”強烈な個性”を発揮します。

滑らかで濃厚なピスタチオと、程よい酸味のプルプルなフランボーズ。うんうん、美味しい… と思った後にやって来る、強烈なシナモンのスパイシーチョコクリーム!

これはハマるとクセになりますね… 見た目の綺麗さに惑わされて、うっかり手を出したら体に”毒針”を隠していたというか、1口ごとにウグッとくる感じがたまりません。

言い忘れてましたけど土台のタルトは香ばしくサックリしていて、いいアクセントというか、箸休めになります(笑)。

ちょっと個性的な味付けなので、評価は分かれるかも知れませんが、私は食べごたえ十分で、とても満足できました。

お店のスペシャリテ「モンドル」(500円+税)というチーズケーキです。

久々のモンドルがめちゃ美味しい。

表面にはかなりコク深い濃厚な生クリーム、その下にフワトロの少し甘じょっぱく軽い食感のカマンベールチーズムースという構成で、この2つが口の中で合わさると、メッチャまろやかに。

土台はサクサクと香ばしいアーモンドのビスキュイ。上に散らしたアーモンドスライスとが”絶妙なアクセント”になって、あっという間に食べ終わっちゃいました。

濃厚で美味しいと評判の「シューキャラメル」(税込330円+税)です。

香ばしく焼き上がった薄めでパリパリなシュー生地の中には、濃厚でほろ苦いキャラメルクリームと、これまた濃厚なクレームディプロマット(カスタード+生クリーム)が、3対2ぐらいの割合で入っています。

キャラメルクリームの苦さと、ディプロマットのミルキーさが実によくマッチし、パリパリのシューがいいアクセントになって、めっちゃ美味しかったです。

個性的な見た目で大人気の「タルトタタン」(850円+税)。

上にニョキって出ているリンゴのヘタは”チョコバー”なんです。こういう細部にまでキッチリとこだわる所に、シェフの遊び心を感じました。

中は琥珀色で”トロトロな煮リンゴ”がたっぷり。リンゴはシナモン味で甘酸っぱく、焦がし風味も加わって完全に”旨味の固まり”という感じ。

表面の少し甘めなナッツ味のホワイトチョコと、めっちゃ合います。

フィユタージュ(折り込んでサクサクにしたパイ生地)の土台がまた香ばしくて最高のアクセントに。

最初のうちはリンゴを倒さないようにして食べると楽しいかも。ちょっとお高めですが、その価値は十分あると思いました。

お店の定番と言われる「ピスターシュ」(580円+税)。表面は濃厚なピスタチオのホワイトチョコ、中には滑らかなピスタチオのムースがたっぷり。

中心には酸味の効いたフランボワーズソースと、フランボワーズのクリーム、そして少し甘めなブラックベリーソースに洋酒を効かせた、しっとりとしたスポンジが入っています。

ちょっと複雑な味ですが、フランボーズの酸味とベリーの甘味、そして濃厚なピスタチオが見事に調和していて、もうパクパクいけちゃう美味しさでした。

こちらも人気の「ムラング・シャンティー・キンカン」(490円+税)です。名前そのままにフレッシュな金柑を皮ごとドサッと乗せ、柚子風味の生クリームで食べる斬新な一品。

柚子と金柑が相性バッチリ。べースのサクサクなメレンゲも口の中でじゅわっとトロけ、甘さ控えめで大満足な一品でした。

このケーキはクリームや具材が季節ごとに変わるので、一年中色々な味を楽しめます。

秋以降によく推されている「モンブラン ジョンヌ」(680円+税)です。毎年5月末ぐらいまでの提供。

炒ったきな粉が上に振られて香ばしい風味をプラス。和栗のマロンクリーム(熊本県産)は栗味がめっちゃ濃く、中の生クリームは甘さ控えめでフワッとした食感で、栗の旨味をグググッと引き立てています。

土台はサックサク&口の中でジュワとくるメレンゲ。まさに「王道モンブランここに極まれり」という感じで、最高に美味しかったです。

よく推されているタルトオーフレーズブランシュ(720円+税)です。

白苺はとんでもなく美味しかった。酸味が殆ど無く甘くて、一粒に旨さがギュッと濃縮されてる。

私も白苺のタルトって初めて見ましたが、かなりインパクトがあります。

使われているのは「白雪小町」という高価なブランド苺で、柔らかくメッチャ甘いです。しかも酸味がほとんどなく、なんか初めての感覚…

この甘い苺の下で絞られている、少しポタッとしてミルキーなクレーム・ディプロマット(生クリーム+カスタード)と、程よい酸味の苺のコンフィチュールは、かなり甘さ控えめ。

だからこの白苺と一緒に食べると、すごく相性がいいです。

土台の柔らかい歯ごたえのタルトはなんとパイ生地で、これもすごく独特な作り。でも全部一緒に口入れると不思議に違和感はなく、とっても美味しかったです。

現在は提供が終了しているみたいですが、春先になればまた復活するかも知れません。

スポンサードリンク

まとめ-メリハリが効いて完成度の高いケーキが多い

以上ですが、ここまでメリハリを効かせつつも、これほど完成度が高いケーキを食べられるお店って、東京でもかなり少ないと思います。

それぐらいに個性的な味付けなんですが、意外にどれも美味しくて、SNSでは幅広いケーキが推されています。あとこのお店は焼き菓子も美味しいと評判で、特にこちらの↓

「ギモーヴ」(9個入り:1200円+税)というお菓子が、インスタで大人気になっています。ギモーヴは「エアリーなマシュマロの一種」だそうで、口の中でフワッとトロける食感と「滑らかな口溶け」を楽しめます。

お味の方もフランボワーズをフリーズドライにして振り掛けたり、ライムにパセリを混ぜたりと、もう凝りに凝っていて、パッケージが可愛いからプレゼントにも最適だと思いました。

online shop
アヴランシュ・ゲネーの人気のギフトボックスのご配送となります。 順次発送させていただきますので、通常1週間程度お時間を頂戴しております。 配送料につきましては、地域・サイズによって異なりますので ご注文確定メールが自動で配信されますが、 最終的な配送料をいれた代引き金額を店舗よりメールさせていただきます。 ※メールは必...
美味しいかも♡個性的なモンブランが大評判 千石駅パティスリートレカルム
都営三田線:千石駅から徒歩3分の「パティスリー・トレカルム」は超個性的なモンブランをはじめ、素材を活かした絶品ケーキがインスタで大評判のお店。イートインもあるので、美味しいスイーツをその場で楽しめます。 絶品モンブラン3点と人気スイーツ5...

リンゴみたいに真っ赤な外観が特徴的

お店の外観は赤一色です。これはオーナーが修行時代に訪れたフランス:ノルマンディ原産の「赤いリンゴ」をイメージしているそうです。

とても洗練された感じがあるものの、さすがに周囲からは少し浮いて見えます。でも、お店の個性的なケーキには、ピッタリの雰囲気だと思いました。

こちらがショーケース。美味しそうなケーキがズラリと並んでいて、ほんと目移りしちゃいます。店内は白を基調とした清潔な印象で、全ての品物がキッチリと整理され、とても選びやすいです。

とにかくお客さんがひっきりなしに入ってきます。そして夕方には、ほとんどのケーキが完売になるとか。

特に今回ご紹介した人気メニューは早いと午前中には無くなっちゃうそうですから、どうしても食べたい人は「開店と同時にゲット」する方が無難だと思います。

テイクアウト専門なのでイートインはありません。(ただし夏場はかき氷のみイートイン可能)2015年の開店時には1時期あったという噂もありますが、忙しすぎるのでしょうか、人気店ならではの悩みだと思います。

あと店員さんの対応はキビキビと丁寧で、何の問題もありませんでした。

内に秘めた情熱を巧みに表現するオーナーシェフ

オーナシェフは「上霜考二」(うえしも こうじ)さん。辻調理師専門学校を卒業し、1994年に渡仏、ノルマンディーを拠点に約1年間、厳しい修行をされたそうです。

帰国後はお台場にある「インターコンチネンタル東京ベイ」や四谷フレンチの名店「オテル・ド・ミクニ」の本店や関連店で約10年技を磨き、2005年には「ジャン・ミエ・ジャポン」のシェフパティシエに就任して約3年間勤務します。

その後は神楽坂にある「アグネスホテル東京」に引き抜かれ、新規開店した館内パティスリー「ル・コワンヴェール」のシェフパティシエを7年間務めた後、2015年に「アヴランシュ ゲネー」をオープンさせました。

上霜シェフはノルマンディの修行時代、「アヴランシュ」という町でパトロン(店舗オーナーで支援者の意味)だった「ゲネー夫妻」に、フランス洋菓子の基礎技術を叩き込まれます。

その後、ゲネー夫妻には公私に渡って大変お世話になり、その想いは日本に帰ってきてからも途切れず、遂に「自分のお店の店名にしてしまった」のだそうです。

これって今風じゃないですよね。ある意味、昔気質(むかしかたぎ)というか、お店に並ぶケーキと同じ”パッション”を感じることが出来る、”素晴らしいエピソード”で、私はこの辺りに上霜シェフの強い骨太な「こだわり」があるように感じました。

スポンサードリンク

店舗の詳細(住所、電話番号、特記事項)

アヴランシュ ゲネー 2015年オープン
住所東京都文京区本郷4-17-6
電話番号03-6883-6619 予約可
営業時間10:00~19:00、日曜営業
定休日火曜(※月曜不定休:毎月facebookで告知)
店舗形態洋菓子専門店
価格帯
(1単価)
500円~700円台
イートイン無し、ただし夏場はかき氷のみイートイン可能。
駐車場無し、近隣にコインパーキングあり。
特記事項完全禁煙、カード不可、電子マネー不可、子供可(小学生以上)
公式サイトアヴランシュ・ゲネー
SNSfacebookInstagram
近くの
観光地
樋口一葉菊坂旧居跡(明治の歌人「樋口一葉」の旧居跡)詳細な解説ページ↓ 

本郷 樋口一葉旧居跡を訪ねる|東京観光 歴史と文学の旅

Googleマップの口コミリンク

お店の地図情報と口コミがご覧になれます。

アヴランシュ ゲネー
★★★★☆ · 洋菓子店 · 本郷4丁目17−6 1F

インスタグラムの参考ページ

Login • Instagram
Welcome back to Instagram. Sign in to check out what your friends, family & interests have been capturing & sharing around the world.

実食ブログ

『アヴランシュ・ゲネー ケーキ 春日』
【春日にある人気のケーキ屋さん:アヴランシュ・ゲネー】東京ドームの近くに、私が絶賛するケーキ屋さんがあります♪ その名は、アヴランシュ・ゲネーhttps://…
pocketlinehatebuimagegalleryaudiovideocategorytagchatquotegoogleplusfacebookinstagramtwitterrsssearchenvelopeheartstaruserclosesearch-plushomeclockupdateeditshare-squarechevron-leftchevron-rightleafexclamation-trianglecalendarcommentthumb-tacklinknaviconasideangle-double-upangle-double-downangle-upangle-downstar-halfstatus