目黒区 イートインありリピーター隠れ家風

めっちゃ美味しい!行列が出来る碑文谷のケーキ店 パティスリー ジュンウジタ

閑静な碑文谷の住宅街の中にヒッソリと佇むこのお店は「知る人ぞ知る名店」として有名で、週末には味にハマってしまったリピーターが遠方から続々と集まり、行列を作るそうです。
スポンサーリンク

SNSで人気のケーキ

 

View this post on Instagram

 

てにすいさん(@tennisweets)がシェアした投稿

代表作の「タルトカフェ」です。

綺麗なキャラメルクリームのグラサージュにフォークを入れると、このケーキのために特別焙煎したという、ホロ苦く超濃厚でフワフワの「エスプレッソムース」がたっぷり詰まっていました。

その下のサクサクなタルトの中には、絶妙な塩加減のキャラメルとザクザクのクルミを合わせた「トロトロペースト」がギッチリ! 1口食べるだけでクラクラしちゃうほどの美味しさでした♡

ただしシェフによれば、美味しく食べる賞味期限は「仕上げてから30分以内」という事なので、お持ち帰りの人は寄り道せず、ダッシュで帰りましょう。

 

View this post on Instagram

 

Atsushiさん(@atsushi.0126)がシェアした投稿


これもよく推されている「ピスターシュ・フランボワーズ」です。

ピスタチオのフワフワで濃厚なムースの中に、甘酸っぱいフランボワーズのコンフィチュールが入っています。これは美味しい…濃厚なピスタチオとフランボワーズの酸味のバランスが絶妙なんですよ。

その下には口に入れた途端にトロけるメレンゲが散りばめられ、土台にはアーモンドが香ばしい、サクサクのメレンゲクッキーが使わていて、すごく美味しく頂けました。

 

View this post on Instagram

 

yasuさん(@yasuf_1984)がシェアした投稿


こちらも人気ですね。「チャイ」というケーキです。

名前の通りインドのお茶チャイを「ネットリでスパイシー」なムースに仕上げているそうで、トップには軽い食感のシャンティをしぼっています。

下は生チョコみたいな超濃厚なガナッシュクリームと、同じくチョコ味で柔らかいスポンジの2層構造になってました。

チョコの風味が鼻に抜けるようで凄いです。しかも上のチャイのムースがまた、混ぜている香辛料の影響でしょうかね?

チョコ以上にスパイシーかつ超濃厚で、まったく負けていません。全体的に重い味わいなのに、パクパクいけちゃうのが不思議です。

パラパラっと振ってあるシナモンパウダーも意外と主張が強いですね。飽きずにペロッと食べれました。

 

View this post on Instagram

 

てにすいさん(@tennisweets)がシェアした投稿


お次は「ミルフォイユノルマンディ」です。

ちょっと焦がし風味で厚めなパイ生地の間にはフランス産の洋酒をガツン!と効かせた、ほぼ無糖の生クリームと「リンゴのコンポート」が挟まれています。コンポートは意外と甘めな味付けで、酸味はそれほどありません。

完全な大人味ですね。サクサクで香ばしいパイ生地と、少しほろ苦くて濃厚な生クリーム、そこに甘めなリンゴのコンポートが入る事で、全体的な味わいがまとまり、凄く美味しく食べられました。

 

View this post on Instagram

 

@shou5sがシェアした投稿


これもよく推されていますね。人気の「モンブラン」です。

滑らかなマロンクリームはフランス産の洋栗が使われているそうです。栗の香りはそれほどでもありませんが、その分ミルキーな生クリームや、中に入っている大きめのマロングラッセと、土台の濃厚で香ばしいアーモンド風味の「フィナンシェ」の味わいが、ググッと引き立っています。

あえて主役を変えているんですね。これはこれでかなり完成度が高いと思いました。甘さ控えめだから、何個でもパクパクいけそうなのが怖いです。

スポンサーリンク

お店の特徴

 

View this post on Instagram

 

LU TAOさん(@colourful_lu)がシェアした投稿


外観はフレンチブルー、クラシカルですごくお洒落な雰囲気ですよね。店内には上品なアンティーク家具が絶妙に配置され、ダークブラウンが基調の落ち着いたカラーでまとめられています。

焼き菓子コーナーが意外と広く、手作りのジャムが数多く並び、イートインも6席あります。店員さんの接客は優しく丁寧で、空いていればゆったりとした時間を過ごせますよ。

オーナー紹介

オーナーシェフの「宇治田 潤」さんは銀座の老舗「ピエス・モンテ」で修行を始められ、その後はフランスの「サダハル・アオキ・パリ」で2年間、鎌倉の名店「パティスリー雪乃下」で5年間、自身の技術に磨きを掛け、2011年に「パティスリー ジュンウジタ」を開かれたそうです。

宇治田さんのこだわりは「ケーキを最後まで見届けられるパティシエであり続けること」だそうで、素材を活かした個性的なケーキの数々は、今も多くのスイーツファンを魅了しています。

スポンサーリンク

店舗の詳細

パティスリー ジュンウジタ  2011年オープン
住所東京都目黒区碑文谷4-6-6
電話番号03-5724-3588
営業時間10:30~19:00、日曜営業
定休日月曜日※祝日の場合は翌日
店舗形態洋菓子専門店
価格帯
(1単価)
300円~500円台
イートインあり 6席
駐車場なし
近くにコインパーキング有り
特記事項カード可(JCB、AMEX、VISA、MASTER)、店内は写真撮影禁止
公式サイトパティスリー ジュンウジタ
SNSFacebook
近くの
観光地
カトリック碑文谷教会(松田聖子が挙式した事で有名)林試の森公園
周辺地図口コミも閲覧可能です

参考ページ

#ジュンウジタ hashtag on Instagram • Photos and Videos
844 Posts - See Instagram photos and videos from ‘ジュンウジタ’ hashtag

実食ブログ

『学芸大学♪『ジュンウジタ』フランボワーズピスターシュやショーモンテなどケーキいろいろ~☆』
 ちょっと立地が不便なパティスリーの ケーキいろいろ食べ比べ~    本日のおやつ 【パティスリー ジュンウジタ/Patisserie JUN UJITA】目…
Scroll Up pocketlinehatebuimagegalleryaudiovideocategorytagchatquotegoogleplusfacebookinstagramtwitterrsssearchenvelopeheartstaruserclosesearch-plushomeclockupdateeditshare-squarechevron-leftchevron-rightleafexclamation-trianglecalendarcommentthumb-tacklinknaviconasideangle-double-upangle-double-downangle-upangle-downstar-halfstatus