多摩市 テラス席ありリピーター駐車場あり

無料サービスもあり♡凄腕シェフの絶品ケーキにハマる ル・ププラン

ジブリの「耳をすませば」で有名な聖蹟桜ヶ丘駅にほど近い「ル・ププラン」は渡仏経験が長い凄腕シェフの作る「めちゃウマケーキ」が大評判のお店。味にハマったリピーターも数多く、飲み物が無料だったり、公共駐車場の30分無料券が貰えるからお得です♪
スポンサーリンク

SNSで人気のケーキ

 

この投稿をInstagramで見る

 

cestsi_bonbonbonさん(@cestsi_bonbonbon)がシェアした投稿

大人気のフレジエ(税込540円)です。見るからに姿形がクラシカルで、食べる前から美味しそう♪

アーモンド風味のスポンジはシットリしてキルシュ(さくらんぼの蒸留酒)の香りが素晴らしいです。中に挟んだクレーム・ムースリーヌ(カスタード+バタークリーム)はかなり濃厚で、こちらもガツンとキルシュが効いて完全な大人味。

甘酸っぱく新鮮な苺とのコラボレーションも素晴らしく、土台に薄く敷かれたチョコもイイ感じで、全体的に甘さ控えめだからパクパク食べられる美味しさでした♪

 

この投稿をInstagramで見る

 

nyaoさん(@nyaofunhouse)がシェアした投稿

お店の定番と言われている「フォレノワール」(税込486円)です。こちらも風格がありますね。

上のチョコムースはモッタリとしているかと思ったら、めっちゃ軽くて、口の中でスッと無くなるぐらい軽いです。下のビターなチョコスポンジやバニラムースも超フワフワで、間に挟んだキルシュ漬けの甘酸っぱいグリオットチェリーの「存在感」のみが、口の中でグングンと増していきます。

キルシュが効いてるから強烈な味わいでフホーっとしますね。でもこれほんと美味しいです…びっくりしました。

甘さ控えめで、あっという間に食べ終わり、追加で3個ぐらいは一気に行ける美味しさだと思いますが、その後の車の運転は危ないでしょう(笑)

 

この投稿をInstagramで見る

 

@yorichocoがシェアした投稿

こちらもお店の定番と言われている「サントノーレ」(税込518円)です。フランス洋菓子の定番ですよね♪

上の軽めに仕上げた生クリームはコク深くほぼ無糖で、カラメルソースの焦がし風味がグンと引き立っています。

その下のカリカリにキャラメリゼされたプチシューの中には、少し甘めのポタポタで濃厚なカスタードクリームが、ぎっちりと詰まっていました♡ 黒いバニラビーンズのツブツブもちゃんとありますし、口に入れるとバニラの香りがフワッときます♪

土台のパイは香ばしくパリパリとしていて、芳醇なバターの香りが素晴らしく、上のダブルクリームとの相性も抜群です。

しかも土台の真ん中にはトロリとしたキャラメルクリームがタップリと入ってるんですよ♪ これがまたメチャウマで、上にふられた大粒のクラッシュナッツもいいアクセントになって、とっても美味しく頂けました。

 

この投稿をInstagramで見る

 

しろさん(@adoregf1)がシェアした投稿

大人気の「モンブラン」(税込486円)です。

上のマロンクリームは和栗と仏産の栗をブレンドしてあるそうで、栗味が濃厚でとっても滑らか。その中のフワッと軽いシャンティはミルキーで旨みがあり、上のマロンクリームとも相性がバッチリです。どちらも甘さ控えめ。

中心付近にはゴロゴロしたマロングラッセも沢山入っていますし、土台のアーモンド風味のメレンゲはサックサクでした♡ さらにその下には、もったり濃厚なホワイトチョコのクリームが敷かれ、全体の旨みがグンと上がった感じで、めっちゃ美味しかったです♪

このモンブランは洋酒が使われていないので、お酒が苦手な人にもオススメですよ。

まとめ

以上ですが、どのケーキも本当に美味しくて、素材のバランスと洋酒を巧みに使った「フランス洋菓子の真髄」が味わえると思います。一口食べただけで美味しさが分かるので、ハマってしまう人が多いみたいです。

価格的にも出来栄えを考えれば決して高くないです。インスタでは他にもフルーツタルトや焼き菓子などが幅広く推され、まさに「隠れた名店」の風格があり、またいつか伺いたいお店だと思いました。

スポンサーリンク

お店の特徴(外観、イートイン、サービス面)

 

この投稿をInstagramで見る

 

reikoさん(@reko_maru)がシェアした投稿

ディープブルーを基調にしたシックでお洒落な外観ですね。両サイドには年季の入った2人掛けのウッドテーブルが1つずつ置かれ、小粋なテラス席になっていました♪ 置いてある木馬は、小さいお子さんが乗って遊ぶ事も出来るようです。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Tak-ashiさん(@cub90cc)がシェアした投稿

店内は基本撮影禁止ですがショーケースはこんな感じ。季節限定メニューも含め、20種類以上の生ケーキと数種類のアントルメ(ホールケーキ)がズラリと並び、ショーケースの上には焼き立てのパンもありました♪

焼き菓子の種類も多く、店内の棚に所狭しと置いてあります。イートインはテラス席のみとのことで、あいにく両方共塞がっていたので、今回はテイクアウトしました。またテラス席で飲み物の提供は基本的に行っていないそうですが↓

なんと紅茶がサービス🎵

イイですね♪ 夏は「冷えた麦茶」をサービスして貰えるそうです。

駐車場もお店の真裏に1台分確保され、そこから左側の公共駐車場(桜ヶ丘駅南第二駐車場:36台)の駐車券をお店に持っていくと「30分の無料チケットが貰える」そうです。

店員さんの応対もすごく丁寧で礼儀正しく、本当に素晴らしいお店だと思いました。

オーナー紹介

オーナーシェフは岡本匡生さん。動物の内蔵を触ったり調理するのが苦手だったので、パティシエの道に進まれたという微笑ましいエピソードを持つ方で、調理学校を卒業後、洋菓子大手の「ユーハイム」に入社し、20歳の時に洋菓子修行の為、渡仏したそうです。

渡仏後はパリの有名店「ペルティエ」で1年半修行を重ね、帰国後は「ペルティエ」の日本支店でシェフパティシエとして働きながら、知識を深めるために何度もパリと日本を往復したとか。

その後、再度本格的に渡仏し、パリの「ペルティエ」でシェフパティシエとして約6年間みっちりと技を磨きつつ、フランスの有名コンクールにも積極的に挑戦します。

そして何とパティシエの世界最高栄誉とも言われる「フランス シャルルプルーストコンクール」で総合優勝(すごい!)、更に「アルパジョンコンクール」でも準優勝の栄誉に輝き凱旋帰国。2003年にこのお店をオープンさせ、現在に至るそうです。

これほどの経歴ならば「日本屈指の腕を持つパティシエ」と言えるのではないでしょうか?

でも店構えや店員さんはそういう権威的な所は一切なく、シェフご自身も、有名になってやろう的な願望は全く無いようです。

そんな岡本シェフのこだわりは「手作りにこだわり、お客様とのつながりを第一に考える事」だそうで、それはお店の温かい雰囲気や、行き届いたサービスを見てもよく分かります。

これからも緑豊かな聖蹟桜ヶ丘に根ざした地元の人気店として、長く長く続いて欲しいお店だと思いました。

スポンサーリンク

店舗の詳細

ル・ププラン 2003年オープン
住所東京都多摩市関戸4-7-8 エフティープラザ1F
電話番号042-376-0970 予約可
営業時間月~土 10:00~19:00
日   10:00~18:30
定休日水曜日(他、公式HPで告知)
店舗形態洋菓子専門店
価格帯
(1単価)
生ケーキ:400円~500円台(税込)が主流


イートインあり 4席 テラス席のみ(飲み物の無料サービスあり)
駐車場あり お店の裏手に一台分、近くの公共駐車場(36台)が30分無料(詳しくは公式HPを参照してください)
特記事項完全禁煙、子供可、カード不可、店内は撮影禁止ですが、目の前のケーキは問題ないようです。
公式HPル・ププラン駐車場について
SNSFacebook
周辺地図口コミも閲覧可能です

参考ページ

#ルププラン hashtag on Instagram • Photos and Videos
582 Posts - See Instagram photos and videos from ‘ルププラン’ hashtag

実食ブログ

ル・ププランな気分1
大好きなル・ププランのケーキと美味しかったものを紹介します(^u^)
Scroll Up pocketlinehatebuimagegalleryaudiovideocategorytagchatquotegoogleplusfacebookinstagramtwitterrsssearchenvelopeheartstaruserclosesearch-plushomeclockupdateeditshare-squarechevron-leftchevron-rightleafexclamation-trianglecalendarcommentthumb-tacklinknaviconasideangle-double-upangle-double-downangle-upangle-downstar-halfstatus