新宿区 インスタ映えリーズナブル駅近

神楽坂で美味しくて芸術的なデザートが大人気♪ アトリエ コータ

東京メトロ神楽坂駅から徒歩1分の「アトリエ コータ」では、パティシエがフライパン1個で「芸術的なデザート」を目の前で作ってくれるお店。とっても美味しくてお値段も1つ1000円前後とリーズナブルだから、いまSNSで大人気になってます♡
スポンサーリンク

SNSで人気のケーキ

 

View this post on Instagram

 

ららさん(@rrpan_sw)がシェアした投稿


「ピスタチオと杏のパフェ」(1300円)です。素晴らしい出来栄えですね!

一番上に綺麗なシュクル・フィレ(糸状にした飴細工)が飾られ、サックリのチュイル(薄い板状のクッキー)の上には、フライパンで軽くフランベしたピスタチオのアイスと杏が乗っかり、濃厚なピスタチオクリームがタップリ掛かっています♪

フランベしたピスタチオのアイスは表面がトロトロになって香ばしく、甘酸っぱい杏とピスタチオクリームによくマッチしていて、とても美味しかったです。

グラスの中には杏のソルベとソテーした杏、ホワイトチョコと軽い食感のホイップクリームに、赤ワインのジュレがタップリ掛けられていました。

赤ワインのジュレが良いですね。それぞれの風味を引き立てるというか、甘酸っぱい味わいに深みを加えていて、最後まで飽きずに食べる事ができます。

目の前で作ってくれたシェフによれば、上下を別々に食べても良いし、途中から混ぜて食べても美味しいそうです。杏やアイスをブランデーでフランベした時に出るボワッ!とした炎がとても印象的で、食べるだけではなく観ていて楽しい一品でした。

 

View this post on Instagram

 

きゃおリん*.゚さん(@kao_p_chu)がシェアした投稿


こちらも人気「モンブランカシス」(1200円)です。

サクサクに焼き上げたで軽い食感のメレンゲ(土台)の上にラムアイスを載せて、その上からフランス産の濃厚なマロンクリームとキャラメルソースを掛け、最後は甘酸っぱいカシスのシャーベットを、ドバっと加えた贅沢な一品です。

とても美味しいですね。甘くて濃厚なマロンをカシスの酸味が爽やかな口当たりにしていて、薫り高いラムアイスとの相性も抜群です。

あと、カシスのシャーベットが溶けると甘酸っぱいカシスソースになり「絶妙な味変」も楽しめます。これも計算されているのでしょうね。1200円はお値打ちだと思いました。

 

 

View this post on Instagram

 

影山のりみ(のりぴょ)さん(@noripiyo0902)がシェアした投稿


推す人が多い「苺のスフレパンケーキ」(1200円)です。

スフレをフライパンで焼き上げる所から始まるので、少し時間が掛かるかと思ったら全然そんな事はなく、片面を焼き上げるとクルリと裏返し、すぐに仕上がりました。

熱々で超フワフワのスフレ生地にはまさに脱帽で、フランベした苺と生クリームを合わせたソースがこれまた絶品。作り立てってこともあるのでしょうが、ある意味、カウンターデザートの最高峰だと思います。

 

View this post on Instagram

 

tetsuya_aoさん(@tetsuya_ao2)がシェアした投稿


お店の看板メニューと言われている「クレープシュゼット」(950円)で、こちらもかなり推されています。

まずは熱したフライパンでクレープ生地を手早く作り、シュガー、バター、オレンジジュース、そこに長くてクルクルなオレンジの皮をフォークで持ち上げつつ、上からグランマニエ(オレンジリキュール)を垂らしてフランベします。これが凄く面白くて見とれてしまいました。

さて、出来上がりを食べてみるとクレープは熱々モチモチでジューシー、冷たいバニラアイスと甘酸っぱいオレンジに、濃厚なバターの風味がコラボして、本当に美味しかったです。

まとめ

以上ですが、どれもが芸術的かつハイクオリティーな出来栄えで、1つ1000円前後ってあり得ない価格設定ですね。これじゃあ行列ができるのも無理ないなと思いました。

今回は1人では食べ切れないので、2人で伺ったのですが、カウンターに立つシェフの人柄がとても素晴らしく、周りに気を配りをしながらキビキビと作業しているのが好印象で、こういう所も人気の秘密なのかな? と、思いながら食べてました♪

スポンサーリンク

お店の特徴

 

View this post on Instagram

 

Yamamoto Masashiさん(@yamamoto2092)がシェアした投稿

大きな看板も無く、意外に小ぢんまりしているので、うっかり通り過ぎそうになりました。かなり隠れ家風のお店です。

 

View this post on Instagram

 

Yoono🚀さん(@yoyo_hig)がシェアした投稿


オープンキッチンの店内は白い壁に白いテーブル、白の椅子とべージュのテーブルクロスが9つ並んで、凄くお洒落です。でも銀座のような気取った高級感などはなく、アットホームで和気あいあいとした雰囲気が、とても印象的でした。

おっと、書き忘れましたが「テイクアウトの生ケーキも美味しい」と評判ですよ。

オーナー紹介

オーナーシェフは「吉岡浩太」さん。都内の超高級ホテル「コンラッド東京」の館内レストラン「ゴードンラムゼイ」で修行したあと渡英し、同じゴードンラムゼイグループの経営するフレンチレストランでスーシェフを務められ、イギリスで行われたデザートコンクールで優勝するなどの才能を発揮して、1年半後に帰国されました。

その後は飲食店の執行役員として新店舗の立ち上げや商品開発に携わり、2012年にこのお店を開きました。

吉岡シェフのこだわりは「出来立てのデザートをお客様に提供すること」なのだそうで、だからお客の目の前でコミュ二ケーションを取りつつ、デザートを作っていく「カウンターデザート形式」を採用されたのだとか。

極上のデザートをお客の目の前で作る。これは誰もができる事ではないと思いますし、やはり卓越した技術に加え、エンターテイナーな才能がないと、お客を惹きつけるのは難しいのかも知れません。

スポンサーリンク

店舗の詳細

アトリエコータ 2012年オープン
住所東京都新宿区神楽坂6-25
電話番号03-5227-4037 予約不可
営業時間テイクアウト:10:00~20:00

カウンターデザート
月 13:00~16:00(メニュー制限あり)
火:11:00~16:00(メニュー制限あり)
水、木、金:11:00~16:00、17:00~19:00(夜の時間帯メニュー制限あり)

土日祝:11:00~17:00
※ラストオーダー前に終了する場合もあり

上記の変更もあるのでHPで確認(テイクアウト、カウンターデザート共に月別の休業日が告知され、それ以外が営業日)

定休日テイクアウト、カウンターデザート共にHPを要確認、12月は長期休み有
店舗形態洋菓子専門店
価格帯
(1単価)
テイクアウト:400円~500円台、カウンターデザート:950円から
イートインあり 9席
駐車場無し 近くにコイン・パーキングあり
特記事項完全禁煙、カード不可、店内はお客の側から要望があれば「撮影OK」のようです、子供可(4歳以上)

公式サイトアトリエコータ
近くの
観光地
小石川後楽園
周辺地図口コミも閲覧可能です

参考ページ

#アトリエコータ hashtag on Instagram • Photos and Videos
3,749 Posts - See Instagram photos and videos from ‘アトリエコータ’ hashtag

実食ブログ

お久しぶりの神楽坂 【アトリエコータ】でアートなデザートに魅力される… | スイーツ ナビゲーター アキラのスイーツ・ストーリー
Scroll Up pocketlinehatebuimagegalleryaudiovideocategorytagchatquotegoogleplusfacebookinstagramtwitterrsssearchenvelopeheartstaruserclosesearch-plushomeclockupdateeditshare-squarechevron-leftchevron-rightleafexclamation-trianglecalendarcommentthumb-tacklinknaviconasideangle-double-upangle-double-downangle-upangle-downstar-halfstatus