新宿区リピーター個性的品質重視

神楽坂で幻のケーキをゲットせよ♡ パティスリー カーヴァンソン

パティスリー カーヴァンソンの人気メニュー/アメール80%
「パティスリー カーヴァンソン」は月に5日ぐらいしか営業せず、しかもいつ開くかハッキリ分からないという、まるでドラクエの「はぐれメタル」のようなお店です。だけどケーキは「メッチャ美味しい!」と評判で、特にショコラ系は絶品ですよ♡
スポンサーリンク

SNSで人気のケーキ

 

View this post on Instagram

 

foodie_kさん(@yum_yum_yummmmy)がシェアした投稿

一番人気の「アメール80%」です。契約した限定農園の最高級カカオのみを扱うという、フランス「ヴァローナ社」のビターチョコムースとスポンジが、多分10層ぐらい重ねて作ってあります。

甘さと酸味と苦味、この3つのバランスを絶妙に調整してあるようで、口の中でトロけて複雑なのに一体感があり、超濃厚なのに意外にサッパリと食べられるという、今までに食べたことが無い味わいで、ある意味、ショコラの概念が変わるぐらいの美味しさだと思いました。

 

View this post on Instagram

 

ɴᴏʙᴜ ʜᴀʏᴀさん(@nobu.haya)がシェアした投稿

2番人気の「バルケット オ マロン」です。波型のパリパリチョコ(もちろんヴァローナ製で厚め♡)をザクッとフォークで斬り割ってみると、中には濃厚なマロンのムースがタップリ♪、

サクサクな土台の中は酸味のあるカシスジャムを混ぜた甘さ控えめのアーモンドクリームが適度に詰められていて、トロけるチョコと甘いマロンとの絶妙なコラボを楽しめます。こちらも凄く完成度が高い一品だと思いました。

 

View this post on Instagram

 

E.umEさん(@eumeee)がシェアした投稿

3番人気の「プラリネショコラ」です。ちょっと重そうに見えますが中は口に入れた途端、表面のミルクチョコと共にジュワーっと溶けていくメレンゲと、プラネリのムースがミックスされていて、ペロッと食べられます。

このお店にしては少し甘めでマイルドな味付けなので、誰もが違和感なく食べられると思いました。賞味期限は30分との事ですので、お早めに。

スポンサーリンク

 

View this post on Instagram

 

E.umEさん(@eumeee)がシェアした投稿

よく推されている「ガトータミナ」です。こちらも一番人気のアメール80%と同じく、10層のチョコとスポンジを重ねて作ってあるそうです。

一番の違いはトップのミルキーなチョコクリームと、挟むチョコムースもミルクチョコを使っているので、味が少しマイルドなことです。チョコは好きだけどビターが苦手という人は、こちらを買うと良いかも知れません。

もったりと濃厚なのに口に入れた途端、チョコと生地が解けてトロけるこの感じ… どうやって作ってるのかと思いますね。甘さ控えめで1つでは物足りないぐらいでした。

めっちゃ美味しい!行列が出来る碑文谷の名店 パティスリー ジュンウジタ
閑静な碑文谷の住宅街の中にヒッソリと佇むこのお店は「知る人ぞ知る名店」として有名で、週末には味にハマってしまったリピーターが遠方から続々と集まり、行列を作るそうです。 SNSで人気のケーキ ...

お店の特徴(外観、イートイン、サービス面)

 

View this post on Instagram

 

NORITOSHIMOGIさん(@_houri)がシェアした投稿

お店の外観はこんな感じ。紺色のシェードにお店の名前があるだけで看板などは一切無く、とてもケーキ屋さんに見えないのですが、お店の前には開店前から長蛇の列が出来て、シャッターが開くのをじっと待っています。

生ケーキはどれも1つ1000円近くと正直お高いです。でもベーキングパウダーを一切使わない、原材料が厳選され高品質、1つ1つ手を抜かずに作られている、などなどの内容を考えれば、逆にお得感があり、10個以上まとめ買いする人が多かったです。

お店の人の対応も凄く親切で、ケーキについて質問すれば何でも答えて頂けました。

オーナー紹介

オーナーパティシエの「石井ヴァンソン敬子」さんはフランスの超一流ショコラティエ「ジャン=ポール・エヴァン 」やパリの四つ星ホテル「ロワイヤル・モルソー」のスーシェフを担当するなど、計7年間フランスで修行し、2006年にこのお店を開いたそうです。

日曜日に1人で作業をするエヴァン氏に直訴して弟子入りを志願し、直に厳しい指導を受けるなど、非常にガッツのある方のようで、エヴァン氏直伝の卓越した技術の数々は、お店のプチガトーにいかんなく発揮されているようです。

そんな石井シェフのこだわりは「作ったケーキを作り置きしないこと」なのだそうです。なので多くのケーキは店頭で注文を受けてから作り始めて「受け渡す」という作業になり、そこにお客が殺到する形になります。

しかも店内は狭くて数人しか入れず、お客の大部分は最低でも1時間半~2時間は「お店の外で待つ」ことになります。(※ガードマンが常駐して列を管理とも)

ここを「我慢できるかどうか」を良く考えてからお店に行く必要があると思います。SNSでは数年間も行くチャンスを狙って「やっと買えた」という人も居て、ある意味ではスイーツ道の厳しさや奥深さを、改めて再認識できるお店だと思いました。

ただ、ケーキの材料は常に補充可能との事で、開店前から並べば「売り切れ」という事態は殆どない(あくまでSNSの話ですが)そうで、その点では安心できるかと思います。

暑さ寒さが苦手な人は夏と冬を避けて、春と秋に行くと良いかも知れませんね。

スポンサーリンク

店舗の詳細(口コミも確認できます)

パティスリー カーヴァンソン 2006年オープン
住所東京都新宿区筑土八幡町1-2 第3NKビル 1F
電話番号03-5228-3931 予約不可
営業時間不定営業 ※HPもしくは店頭にて要確認(目安として1ヶ月/5〜6日 程度オープン)
定休日だいたい休業しています
店舗形態洋菓子専門店
価格帯
(1単価)
800円~1000円台
イートイン無し
駐車場無し 近くにコイン・パーキングあり
特記事項完全禁煙、店内の撮影禁止、月5日~6日程度の不定期営業

公式サイトパティスリー カーヴァンソン
近くの
観光地
小石川後楽園
周辺地図口コミも閲覧可能です

参考ページ

#カーヴァンソン hashtag on Instagram • Photos and Videos
824 Posts - See Instagram photos and videos from ‘カーヴァンソン’ hashtag

実食ブログ

カーヴァンソンは行列覚悟!今東京で一番手に入れにくいケーキです | フェーブの玉手箱
飯田橋と神楽坂の真ん中あたり、ひと月に数日、それもわずか数時間しか開店しないケーキ屋さんがあります。 ジャン=・・・
Scroll Uppocketlinehatebuimagegalleryaudiovideocategorytagchatquotegoogleplusfacebookinstagramtwitterrsssearchenvelopeheartstaruserclosesearch-plushomeclockupdateeditshare-squarechevron-leftchevron-rightleafexclamation-trianglecalendarcommentthumb-tacklinknaviconasideangle-double-upangle-double-downangle-upangle-downstar-halfstatus