※ 新型コロナの影響により、営業日や営業時間が変更されているお店が多くなっています。詳しくは各店舗の公式HPをご覧ください。

東京その他リピーター個性的駐車場あり

見た目ばっちりの可愛いケーキが大評判 篠崎パティシエヒロ ヤマモト

パティシエヒロヤマモト/ナポレオン
篠崎駅から徒歩5分の「パティシエヒロ ヤマモト」はパリッパリのミルフィーユと、オーナーシェフが手作りするマカロンが大評判のお店。季節によって次々に変わるケーキには「エディブルフラワー」が効果的にあしらわれ、見た目バッチリでめっちゃ美味しいです。

SNSで大人気の絶品スイーツ8点

 

この投稿をInstagramで見る

 

tomtom(@tomhoi0425)がシェアした投稿

大人気の「ミルフィーユ」(税込650円)です。

パイ生地は5日間何度も折込作業をし、ジックリと低温で熟成した後に「香り高い発酵バターで焼き上げる」という徹底ぶりだそうです。

パイ生地サクサク!
カスタードが甘すぎなくてしつこくない!

確かにバターがフワッと香るサックサクのパイ生地に、たまご味でもったり濃厚な、甘さ控え目のカスタ-ドクリームがベストマッチしています。

もうめっちゃ美味しくて、口に入れてモグモグしているだけで、とても幸せな気分になれますね。

まだあります。ミルフィーユの上級バージョンで、大粒苺がゴロゴロ入った「ナポレオン」(税込639円)もかなり人気になってます。

 

View this post on Instagram

 

星 優紀さん(@lyuukittyl)がシェアした投稿

パリパリ生地に卵カスタードと
苺の酸味のバランス美味〜

こちらは普通のミルフィーユに比べ、苺の甘酸っぱさがある分、サッパリと食べられるから一度に何個もいけちゃいます。かなりヤバいですね(笑)

 

この投稿をInstagramで見る

 

Patissier HiroYamamotoさん(@hiroyamamoto0115)がシェアした投稿

めっちゃ美味しいと評判の「マカロン」(1個:税込230円 季節により変化とも)です。

このマカロンは最初から最後まで、オーナーシェフの山本さんが1人で作り上げるそうです。

人気は2つのローズフレーバーを合わせて練り込み、外サクで中しっとりの生地と、香り高いローズクリームがギッチリ詰まった「マカロンローズ」(一番右)

高品質で濃厚なチョコクリームがたっぷりサンドされた「マカロンショコラ」(右から2番目)などがよく推されていて、期間限定でさまざまなマカロンが登場します。

あと、このお店は季節により「ケーキに使うフルーツ」を次々と変えていくので、行くたびに違う味に出会えます。例えばショートケーキは↓

 

この投稿をInstagramで見る

 

nesta13(@gekkabijin13)がシェアした投稿

夏~秋限定の「シャインマスカットのショートケーキ」(税込531円)濃厚で旨味のある生クリームに、みずみずしくて甘みの強いマスカットがゴロゴロ。

フワッとしっとりなスポンジともよくマッチして、めっちゃ美味しく、あっという間に食べ終わっちゃいました。

他にも定番の苺ショート(上記写真)のほか、ジューシーな国産マンゴーや、桃のショートケーキが登場します。

 

View this post on Instagram

 

NORI@logさん(@nori_othinus)がシェアした投稿

大人気の「シシリー」(税込532円)です。ホワイトチョコで作ったピスタチオクリームを、薄くてパリパリのビターチョコでサンドしています。

その下にはピスタチオのホイップクリームに、サクサクなピスタチオのダックワーズと、まさにピスタチオずくめの一品。

生地の一番下に敷かれたフランボワーズジャムの酸味が、チョコとピスタチオの味わいを絶妙に整えていて旨味タップリ。すばらしく美味しかったです。

 

View this post on Instagram

 

スイーツ番長さん(@sweetsbanchou)がシェアした投稿

土日&春限定で大人気だった「ピスタチオのフレジェ」(税込590円)です。

1口食べれば苺の甘酸っぱさと甘めのピスタチオクリームが「口一杯」に広がり、最後まで舌に残る”濃厚なピスタチオの香ばしい余韻”に浸りながら、至福の一時を過ごせます。

 

View this post on Instagram

 

Atsushiさん(@atsushi.0126)がシェアした投稿

こちらも人気の「サントノーレ・カシスマロン」(税込591円)です。

上に掛かっているマロンクリームが濃厚で、シューの中には甘酸っぱいカシスのムース、そして新鮮なベリーがゴロゴロ詰まっていて食べごたえも十分、シューはしっとりとして旨味たっぷりで、メッチャ美味しく頂けました。

サントーレも季節により、色々な種類が登場します。

 

この投稿をInstagramで見る

 

_usako._sawa(@fu_sa.o)がシェアした投稿

夏はお洒落なグラスゼリーが推されていて、こちらは人気の「夕暮れ」(税込496円)です。

カシスがたっぷり染み込んだスポンジに、ほろ苦い紅茶のジュレ。濃厚な生クリームに、さわやかなフレッシュオレンジ。

これらを巧みに組みわせ「きれいな夕景」を表現したという、めっちゃロマンチックな一品で、添えられたエーデルフラワーがよく映えています。

まとめ-ケーキの出来栄えが素晴らしい

お店に並ぶケーキは、どれもメッチャおしゃれで「見た目どおりの美味しさ」でした。この辺りが人気の秘密かも知れませんね。あとTwitterでは↓

オーナーシェフの山本さんが「エーデルフラワーのプロ」として紹介され、大人気になっています。

確かにこのエーデルフラワーが「ケーキのオシャレ感」をググッとアップしていて「見て楽しむ美味しさ」にこだわっているのがよく分かりました。

人気スイーツの切れ端がお得に買える 学芸大学 マッターホーン
東急東横線の学芸大学駅から徒歩2分の「マッターホーン」は濃厚なバウムクーヘンや、レトロなケーキダミエ、とっても可愛いモカソフト、クッキー缶などがインスタで大人気。またお店の人気スイーツの切れ端が「格安で買える姉妹店」も評判になっています。 ...

お店はピンクの外観が目印でシックかつ上品な印象

最寄りの都営地下鉄新宿線:篠崎駅からは徒歩5分程度で、ピンクの看板が目印。でも意外に目立たず、シックで上品な雰囲気があります。

右隣の2階のベランダに「そろばん生徒募集」と大きく書いてあるので、それを目印にすると分かりやすいです。

駐車場が4台分あるため、車で行かれる方にもオススメです。

SNSでは店内はリピーターが多く、一日中混雑しているとの事でしたが、私が行った時は平日の午後だった為か、それほどでもありませんでした。

最寄り駅からの道順

ヒロヤマモト周辺のストリートビュー

 

この投稿をInstagramで見る

 

SHUNさん(@encoreshun)がシェアした投稿

綺麗なショーケースの中には、美味しそうな生ケーキが20種類ぐらい並び、生チョコや焼き菓子の種類も多いです。

ショーケースの上には大好きなクロワッサン(値段忘れました…)が売っていたからお土産で2個購入。

濃厚バターのイイ薫りがしてサクサクで香ばしく、見た目通り抜群の美味しさでした。

イートインは2人掛けの角テーブルが2つで4席あり、椅子は白いクッション付き。

あいにく私が伺った時は2つとも塞がっていたので、今回はテイクアウトにしました。

※現在はテイクアウトのみで営業中の模様。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Naofumi Ishidaさん(@naofumi_ishida)がシェアした投稿

ドリンクメニューはコーヒー(400円)、エスプレッソ(440円)、エスプレッソダブル(480円)、カプチーノ(480円)、カフェラテ(490円)、アイスコーヒー(410円)、アイスカフェラテ(490円)、アイスカプチーノ(490円)

それぞれインド、コロンビア、グアテマラ、ブラジルなど、銘柄も指定されていて本格的です。

紅茶はアッサム、アールグレイ、ハーブティーが一律450円、アイスティーは490円でした。ソフトドリンクはアップル、オレンジ、ミルクがあり、一律380円です。

店員さんの応対は特に問題ありませんでしたが、後日伺った時は店内がかなり混雑していて、手が回りきらず、レジ待ちの人が相当多かったので、この辺りは少し改善の余地があると思いました。

追記:現在はかなり改善されている模様です。

つかう素材にトコトンこだわるオーナーシェフ

このお店でオーナーシェフを務める「山本浩泰」さんは広島県三原市出身で、ご実家がお寿司屋さん。

しかし魚が苦手だったので洋食の世界に飛び込み、そこでスイーツ作りの楽しさに目覚めたのだそうです。

神戸の「ダニエル」など幾つかのパティスリーに勤務したあと、さらなる勉強のためにフランスに渡り、3年10ヶ月間修行します。

フランスではルレ・デセール会員店の「ランペリアル」「グランダン」「ブイエ」を渡り歩いて厳しい修行を積み、2004年にはフランスで行われた「ロモランタン・ソーローニュ ガストロノミックコンクール」の飴細工部門で、部門優勝および総合優勝を果して帰国。

その後は世界初の「6つ星ホテル」として有名な日本橋の「マンダリンオリエンタルホテル東京」のスーシェフや、千葉の舞浜にある「イクスピアリ ピエール・エルメ パリ」のシェフパティシエを歴任し、2011年にこのお店をオープンさせました。

そんな山本シェフのこだわりは、よい原料や素材(特にフルーツ)をトコトン選び抜いてケーキを作ること。

これはお店の季節によって次々に変わる「絶品ケーキの出来栄え」を見ても明らかで、美味しさと同時に「ケーキの見た目」にも、すごくこだわりがある人だということが、よく分かります。

これからも江戸川の一番店として、ますますがんばって頂きたいと思いました。

店舗の詳細

パティシエ・ヒロ ヤマモト 2011年オープン
住所東京都江戸川区篠崎町1-7-23-1 ピラトゥス篠崎1号室
電話番号03-6638-6751 予約可
営業時間10:30~19:30
日曜営業
定休日水曜日・第三火曜(祝日を除く)
店舗形態洋菓子専門店
価格帯
(1単価)
500円~600円台
イートインあり 4席

※現在はテイクアウトのみで営業中の模様。
駐車場あり 4台
特記事項カード不可、完全禁煙
公式サイトパティシエ・ヒロ ヤマモト
SNSFacebook
近くの
観光地
葛西臨海水族園東京ディズニーランド

Googleマップの口コミリンク

お店の地図情報と口コミがご覧になれます。

パティシエ ヒロ・ヤマモト · 日本、〒133-0061 東京都江戸川区篠崎町1丁目7−23-1号
★★★★☆ · デザート ショップ

テイクアウト用の休憩ベンチ

お店周辺で検索しご紹介しています。お店近くの「上篠崎四丁目公園」には東屋風の屋根がついたベンチや水道、トイレなどがあり、意外に広いので、ゆっくりケーキを食べられると思います。

Google マップ
Google マップで地図を検索。乗換案内、路線図、ドライブルート、ストリートビューも。見やすい地図でお店やサービス、地域の情報を検索できます。世界地図も日本語で、旅のプランにも便利。

インスタグラムの参考ページ

Login • Instagram
Welcome back to Instagram. Sign in to check out what your friends, family & interests have been capturing & sharing around the world.

実食ブログ

『パティシエ ヒロ・ヤマモト 白イチゴのタルトとサントノーレカシスマロン』
江戸川区篠崎にある、patissier Hiro Yamamoto (パティシエ ヒロ・ヤマモト)にいきました    白イチゴのタルト 659円(税込) 「サ…

 

pocketlinehatebuimagegalleryaudiovideocategorytagchatquotegoogleplusfacebookinstagramtwitterrsssearchenvelopeheartstaruserclosesearch-plushomeclockupdateeditshare-squarechevron-leftchevron-rightleafexclamation-trianglecalendarcommentthumb-tacklinknaviconasideangle-double-upangle-double-downangle-upangle-downstar-halfstatus