東京その他 イートインあり テラス席あり リピーター

フランス伝統の濃厚ケーキにこだわる 石神井公園駅ブロンディール

ブロンディールの人気メニュー/デリスピスターシュ
練馬の名店として知られる「ブロンディール」にはフランス伝統の「極上ケーキ」を求め、毎日たくさんのスイーツファンが訪れます。その美味しさはSNSでも大きな評判を呼び、いまや都内でも指折りの人気店になっています。
スポンサードリンク

SNSで人気のケーキ

 

View this post on Instagram

 

cestsi_bonbonbonさん(@cestsi_bonbonbon)がシェアした投稿

お店のスペシャリテ「デリスピスターシュ」(520円+税)です。

ピスタチオのムースはめっちゃ濃く「豆の旨味100%」という感じ。そこにラズベリージュレの酸味と、土台のシットリとしてビターなショコラダックワーズの苦味が加わって、さらに完成度が上がっています。めっちゃ美味しい…

ムースの食感もふわっとトロトロで、香ばしいダックワースと相性が抜群な上に、ラズベリーの酸味で後味も爽やか。間違いなく今日一番のケーキでした。

 

この投稿をInstagramで見る

 

しろ(@adoregf1)がシェアした投稿

売り切れるのが早い「ムラングシャンティ」(430円+税)です。

生クリームはかなり固く、しっかりとして「滑らかなミルキー感」が口いっぱいに広がります。

メレンゲは香ばしいアーモンド風味。甘くて「サックサクの歯ごたえ」が素晴らしく、濃厚な生クリームとすごく相性がイイです。

シンプルですが抜群の美味しさで、値段的にも大満足の一品でした。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Masaha(@masako9604)がシェアした投稿

定番と言われている「モンテリマール」(530円+税)です。

ふわっと軽い蜂蜜風味のアーモンドクリームの中に、ポリポリのピスタチオと甘酸っぱいフランボワーズ、中心には滑らかな濃厚ミルクチョコクリームと、酸味の効いたシトロンクリームが入っていました。

土台はかなり硬めなザクザクのビスキュイ、チョコとシトロンで「味にメリハリ」があり、パクパクと止まらなくなって、あっと言う間に食べちゃいました。

 

この投稿をInstagramで見る

 

nyanya(@nyanya6010)がシェアした投稿

人気の「タルトフレーズ」(480円+税)です。季節限定の一品。

甘酸っぱくジューシーな苺に、しっかりとしたナパージュ(艶出し)。香ばしいアーモンド味のサクサクなタルト。

苺の中にカスタードクリームは入っていませんが「タルトの存在感」が強く、全然気になりません。めっちゃ美味しかったです。

 

この投稿をInstagramで見る

 

piro_ankotou(@piroankotou)がシェアした投稿

地味だけど美味しいと評判の「サンマルク」(450円+税)です。

表面をキャラメリゼしたフワフワでほろ苦いビスキュイに、洋酒の効いた深みのあるチョコクリームと、濃厚なバニラクリームという構成。

ビスキュイは一番上、中間、土台に使われ、1枚ずつ厚みが違うので、あいだに挟まれたチョコとバニラが「絶妙なバランス」でトロけ、最高に美味しいです。

キャラメルとチョコの苦味とバニラの甘味がそれぞれ独立しながら「最後に一体となる」という演出が、とても素晴らしいと思いました。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Keiko H.(@kecoric)がシェアした投稿

大人気の「フレジエ」(480円+税)です。冬から春までの限定メニューで、食べるなら今しかないでしょう。

トップには表面を焦がした少し甘いメレンゲがのっていて、とてもフワッとした食感。

中にはピスタチオ味のシットリとした厚めのスポンジと、ねっとりとして濃厚なムースリーヌ(カスタードにバタークリームを加えたもの)が、甘酸っぱくて新鮮な苺を引き立てて、すごく一体感があります。

味は少し甘めですけど、バニラの風味と苺の香りが口全体に広がり、しかも全体のバランスがとても素晴らしいので、パクパクと止まらなくなりました。めっちゃ美味しかったです。

 

この投稿をInstagramで見る

 

cake.wt(@cake.wt)がシェアした投稿

よく推されている「モンブランセゾニエール」(550円+税)。フランス語で「モンブランの季節」という意味です。

粉砂糖の下には甘さ控えめで滑らかなマロンクリーム、濃厚な和栗の香りがしっかりと感じられます。その下はコク深く甘さ控えめの生クリームがギッチリと詰まっています。

土台は何故かメレンゲではなくフワフワなスポンジ。普通のモンブランと全然違うのですが、スポンジとクリームに「不思議な一体感」があって、とても美味しく頂けました。

 

View this post on Instagram

 

Kaoru.Sさん(@kaoru0178)がシェアした投稿

こちらもよく推されている「ノスタルジ」(520円+税)です。

今朝、朝ごはんにいただいたノスタルジは、重めの赤ワインとペアリングしたくなる骨太さ。

トップの滑らかでクリーミーなムースはスパイシーなシナモンの香りが強く、レモンの酸味もガツンと効いています。その下には甘めのホワイトチョコとダックワーズ(ナッツ味のクッキー生地)が2層になっていました。

フワフワのレモンムース、香ばしくてザクザクのダックワーズ、そして甘いホワイトチョコ、この3つのコラボが実に良いです。さらにシナモンの香りが全体の味をピリッと引き締めていて、確かにこれはワインとよく合うかも知れません。

ホワイトチョコがこれだけ挟まっていると、かなりコッテリと重くなるのですが、それを感じさせない所が凄いと思いました。後味も爽やかで、とっても美味しかったです。

スポンサードリンク

まとめ-バランスが絶妙で完成度の高いケーキが多い

以上ですが、ほんとレベル高いです。濃厚で独特な味付けなのに1つ1つの完成度が高く、しかもお値段が1個400円~500円台とリーズナブル。これでは人気になるのも当然でしょう。Twitterでも↓

これもめっちゃ美味しそうですね… リピーターが多いお店のようで、季節限定で登場するケーキもたくさんあり、かなり懐の深い良店だと思いました。

大人味の濃厚ケーキが大人気 千歳烏山駅ラ ヴィエイユ フランス
千歳烏山にある「ラ ヴィエイユ フランス」では本場フランス洋菓子の伝統に則った「見た目バッチリの濃厚ケーキが食べられる」とSNSで大評判。洋酒の効いたキレのある味わいは、多くのスイーツファンをトリコにしているそうです。 SNSで人気のケー...

お店の特徴(外観、イートイン、メニュー、サービス)

 

View this post on Instagram

 

東福正登さん(@tofuku1029)がシェアした投稿

こちらがお店の外観で今回食べたケーキの様に「骨太でどっしり」しています。ココだけ見るとまるでパリの街中に居る感じ。

最寄りの石神井公園駅から遠く、行くまでが大変だと思っていましたが、ほぼ一本道ですし、お店は郵便局のすぐ隣にあるので、意外と分かりやすいです。

車で行く人は郵便局の駐車場に停めて、お金を下ろしたついでに寄ると便利かも知れません。

最寄り駅からの道順

石神井公園駅北口からは路線バスが出ています(1番のりば:石01系統:運賃220円、運行間隔3分、所要時間3分)。お店の目の前にある「石神井幼稚園入口」というバス停で降りてください。

 

View this post on Instagram

 

竹内裕子さん(@t.hiroelan)がシェアした投稿

店内は以前一流店でギャルソンを務められたという藤原シェフの「お父様」が切り盛りされていて、パリのエスプリが漂うといいますか、めっちゃオシャレです。

イートインカウンターは4席。他にテラス席も5席ほどあり、お父様が自ら淹れた紅茶やコーヒーを頂くことが出来ます。

ドリンクメニューはHotがエスプレッソ(380円)、カフェオレ(480円)、コーヒー(420円)、紅茶(480円)。

Iceはアイスコーヒー(470円)、アイスカフェ・オ・レ(530円)、アイスティー(480円)、オレンジジュース(530円)、オレッツァ(430円:フランスコルシカ島の天然炭酸水)。

他にグラスワインやシャンパンも各800円で楽しめるそうです。

私は紅茶、相棒はホットコーヒーを頂きましたが、とっても美味しく、お父様の応対も丁寧で、ゆったりと美味しいケーキを頂きました。

フランス伝統の味とスタイルにこだわるオーナーシェフ

オーナーシェフは「藤原和彦」さん。小さい頃からお菓子が好きで、高校生の時にある洋菓子店でアルバイトをして、パティシエになる決心をしたそうです。

その後は都内の洋菓子店で技術を磨き、絶品モンブランが有名な銀座の名店「アンジェリーナ」に3年間勤務したあと渡仏。フランスではロレーヌ地方にある有名ショコラティエ「オ・パレ・ドール」で1年間修行して帰国します。

帰国後は代官山のブーランジェリー「ブルディガラ」や、南青山の「パティスリーフジタ」で勤務し、2004年に埼玉県ふじみ野市で「ブロンディール」(旧店舗)をオープンして大人気となり、2015年に練馬区石神井町で現在のお店を移転オープンさせました。

そんな藤原シェフのこだわりはケーキと店舗の外観を「すべてフランス国内にあるパティスリーそのままにする」こと。

とても素晴らしいと思います。これからもフランス洋菓子伝統の「こだわりの味とスタイル」を守りつつ、長く続いて欲しいお店だと思いました。

スポンサードリンク

店舗の詳細

ブロンディール 2015年埼玉県から移転オープン
住所東京都練馬区石神井町4-28-12
電話番号03-6913-2749 予約可
営業時間10:00~20:00、土日祝日 10:00~19:30
定休日水曜日(その他臨時休業は公式HPで告知)
店舗形態洋菓子専門店
価格帯
(1単価)
400円~500円台
イートインあり(10時30分から)カウンターが4席、テラス席が2テーブル×5席
駐車場一台分あり
特記事項完全禁煙、子供可、店内撮影禁止、隣が郵便局、石神井公園駅北口からは路線バスが出ている(1番のりば:石01系統:運賃220円、運行間隔3分、所要時間3分)。店舗前の「石神井幼稚園入口」で下車。
公式サイトブロンディール
SNSfacebook(非公式のファンページ)
近くの
観光地
東映 東京撮影所(有名俳優が普通に出入りしている。周辺の道路でロケをやっているとの情報もあり)

Googleマップの口コミリンク

お店の地図情報と口コミがご覧になれます。

ブロンディール
★★★★☆ · 洋菓子店 · 石神井町4丁目28−12

インスタグラムの参考ページ

#ブロンディール hashtag on Instagram • Photos and Videos
1,564 Posts - See Instagram photos and videos from ‘ブロンディール’ hashtag

※ 新宿伊勢丹の催事会場投稿分も含みます。

実食ブログ

pocketlinehatebuimagegalleryaudiovideocategorytagchatquotegoogleplusfacebookinstagramtwitterrsssearchenvelopeheartstaruserclosesearch-plushomeclockupdateeditshare-squarechevron-leftchevron-rightleafexclamation-trianglecalendarcommentthumb-tacklinknaviconasideangle-double-upangle-double-downangle-upangle-downstar-halfstatus