濃厚で美味しい都内有数の人気ケーキ店 西荻窪駅アテスウェイ

※ 新型コロナの影響により、営業日や営業時間が変更されているお店が多くなっています。詳しくは各店舗の公式HPをご覧ください。

吉祥寺周辺 リピーター 品質重視 駐車場あり

濃厚で美味しい都内有数の人気ケーキ店 西荻窪駅アテスウェイ

アテスウェイの人気メニュー/ガトーフレーズ
西荻窪駅から少し歩いた閑静な住宅街にお店を構える「アテスウェイ」は目立つ看板が無い「隠れ家風」のお店。店内には評判のモンブランをはじめ「絶品ケーキと焼き菓子」がズラリと並んでいます。隣のチョコとアイスの専門店「アテスウェイ・グラス エ ショコラ」もオススメです。
スポンサードリンク

洋酒が薫る絶品モンブランと人気スイーツ7点

人気の「ガトーフレーズ(590円税別)」です。濃厚だけど甘さ控えめで軽い味わいの生クリーム、中の大ぶりな苺(あまおう)は香りが強く、とても甘くて新鮮。

スポンジはシットリかつ、口の中でトロけるようにフワフワな食感が特徴的で、夏はメロンや桃のショートケーキも登場します。

あとクリスマスシーズンだけに売り出されるホールのガトーフレーズ(毎年、長蛇の列ができるとか…)も、ショートと同じく一切手を抜かずに作られているそうで、この味に魅せられてそのまま「お店の常連」になっちゃった人が、たくさん居るそうです。

一番人気の「モンブラン(670円税別)」です。毎年9月~4月ごろまで提供されていますが、秋は洋栗に加え、“旬を迎えた和栗“が多く使われるので、特に美味しくなるのだとか。

外側はほのかに洋酒が薫る滑らかなマロンペースト。少し甘くて栗の味がしっかり感じられ、中にギッチリと詰まったミルキーなシャンティは、甘さ控え目というよりもほぼ無糖。

外側のマロンとのバランスが素晴らしく、パクパクと食べられます。

下の方にはホクホクな和栗のマロングラッセが丸ごと1つ、その下のザクザクなアーモンド味のメレンゲと共に、“絶妙なアクセント“になって、めっちゃ美味しく頂けました。

よく推されている「マカロンピスターシュ(550円税別)」です。

見た目も鮮やかな一品で、アーモンド風味のサクサクなマカロンの中には、酸味を少し抑えたフランボワーズと、濃厚なピスタチオクリームがタップリで、絶妙なコンビネーションを醸し出します。

人気の「フランボアジェ(520円税別)」です。チョコとフランボワーズのバランスが絶妙で、間に挟んだつぶつぶベリーのジュレや、サクサクのチョコクランチなど、様々な食感を楽しめます。

秋ごろから販売される「和栗のロールケーキ」(ルーロースペシャル:1個380円/ロール1本:1850円税別)です。

スポンジ生地はモッチリとしてタマゴ味が濃く、中の生クリームは甘さ控えめでコクあり、細かい栗が散りばめられて最高に美味しいです。

中央には“栗味が濃いマロンペースト“がタップリと挟まり、パクパクと止まらなくなって、アッという間に食べ終わっちゃいました。また季節により中の具材は変わり…

夏はジューシィなフルーツたっぷりのロールケーキが楽しめます。

お次は「タルトタタン(580円税別:秋冬限定)」です。

濃厚でコクのあるバニラクリームと、土台にはザクザクなクランブル、新鮮な紅玉りんごをキャラメルペーストでじっくり煮込んで作った“甘酸っぱいトロトロ食感“が素晴らしいです。

スポンサードリンク

こちらも大人気の「ガレット・デ・ロワ」(小1300円/大2300円税別 )」です。もちろんフェーヴ入り。

箱を開けた途端にバターの芳醇な香りに包まれ、香ばしくパリパリでサクサクのパイ生地と、シットリとしたアーモンドクリームのコラボがたまらないと評判で…

我が家の子供達、一口食べてこういいました。「パイ生地は、今まで食べた中でこれが一番美味しい!」

お店の代表作と言われる逸品ですが、残念ながら1月限定なので、今から待ち遠しいという人が数多く居るようです。あと↓

左上のパイみたいなんがめっちゃ美味しい(⸝⸝⸝›௰‹⸝⸝⸝)ンマッ~♡ 子供達、美味しすぎて止まらんって(*≧∀≦*)

クッキー缶(中:4200円税別) もめっちゃ美味しそうで、個性的な6種類のクッキーがギッチリと詰め込まれています。これは食べてみたいかも…

残念ながら通販は行っておらず店頭販売のみですが、パッケージがお洒落なので親しい人にプレゼントしたら間違いなく喜ばれると思います。

まとめ:同じケーキでも中の具材がドンドン変わる

基本のスポンジと生クリームがめっちゃ美味しいです。加えて季節ごとにケーキの具材をドンドン変え、ラインナップがマンネリ化しない工夫もさり気なくされていて、これがファン獲得の大きな要因になっているのかも知れません。

西荻窪駅前に移転完了!絶品マフィンが大人気 エイミーズ ベイクショップ
エイミーズ ベイクショップはドッシリとした「パウンドケーキ」とNYスタイルの「可愛いマフィン」がインスタで大評判のお店。外観がめっちゃお洒落で、イートインも8席あります。追記:このお店は西荻窪北口駅前近くで新装オープンしました。新店舗の情報...

お店は隠れ家風で常に混雑、ケーキは予約も可能

とってもお洒落な外観です。ただ大きな看板が無いので、一見するとセレクトショップの様に見える隠れ家風。私が伺ったのは週末の午前中でしたが、お店の周辺はお客さんでごった返していました。

でも店内は入場制限しているから余り混雑せず、丁寧でキビキビと応対する店員さんが10人以上もいて、それほど待たずに買うことが出来ました。また超人気店だけに予約のお客さんも多かったです。

あと3台分の専用駐車場がお店の近くにあり、自家用車の方は便利だと思います。

最寄り駅からの道順

駅からは1キロ以上あり、歩くのが億劫な人は吉祥寺駅前から西荻窪駅前まで路線バスが出ています(吉祥寺駅北口は3番のりば西荻窪駅行き/西荻窪駅北口が1番のりば吉祥寺駅行き:西10系統:関東バス)。

お店近くの「東京女子大前」(通称:東女)というバス停で降りましょう(運賃220円、所要時間3分、運行間隔は10分程度)。

※当面の間、営業時間は11時~18時とのこと。

綺麗なショーケースの中には美味しそうな生ケーキが20種類以上、ホールケーキやパウンドケーキ、色とりどりのマカロンなども沢山並んで、見ているだけで幸せになれます。

あと焼き菓子やパンの種類もかなり多く、多くのお客さんがケーキと一緒に購入していました。

テイクアウト専門でイートインはありませんが、外にはステンレス製の丸テーブルが2つ置かれ4席のテラス席(というか休憩席)があり、お客ならば自由に使うことが出来ます。(※ドリンクやお皿、ナイフやフォークの提供は一切ありません)

テイクアウトの場合は買ったケーキをなるべく早く食べたいですよね。でも夏は暑いし、冬は寒い… そこで1つ裏技がありました。

吉祥寺駅前にある「西友吉祥寺店」1階のカフェ「nomuno」では、何と1ドリンク(370円)頼めば「食べ物の持ち込みがOK」なんです。上でご紹介している路線バスに乗れば、すぐに到着します。(※西荻窪駅前行きとは逆方向のバス停)

ナイフやフォーク、お皿の貸し出しや、ナプキン&ウエットティッシュも常備され、各テーブルにはwi-fi電源があるから、スマホの充電も出来ました。

このお店は美味しいランチやスイーツ、ワインなども楽しめるそうです。詳しい情報は下記Googleマップの口コミリンクでお確かめ下さい。あと…

アテスウェイ・グラスエショコラもオススメ

お店の隣には特製ジェラートとショコラだけを扱う「アテスウェイ・グラスエショコラ」という専門店があり、こちらもインスタで評判になっています。

上記写真は「すもものソルベとピスタチオのアイス」(ダブル800円/シングル600円税別)でお味の方は↓

ソルベはすももの酸味と甘味がはっきり感じられて、すもも感満載でとても美味しかったです🧡 粘度の高いねっとり感も好きなかんじです👍

との事で、盛り方がお洒落でメッチャ美味しそうです。ジェラート種類など、ラインナップは季節ごとにドンドン変わるので、暑い夏はもとより、秋以降も楽しめそうです。

※当面の間、営業時間は11時~18時とのこと。

こちらはボンボンショコラ(4個入り/1120円税別)。パッケージがお洒落なので、クッキーと同じくプレゼントにも便利そう↓

毎年1月~4月までの期間限定商品ですが、バラ売りもしていて1個280円(税別)で購入可能。他にドライフルーツやナッツ類をたくさん散りばめた板チョコも人気になっています。

店内は3人ぐらいが並んで食べれるスタンディング形式のイートインと、外に本店と同じステンレス製の丸テーブルが1つ置かれ、2つのテラス席があります。

人気の「クープ・グラッセ・エキゾチック(1200円税別)」です。マンゴーやオレンジバナナなど、ボリュームたっぷり。こちらも中の具材は季節により色々変わります。

※現在はグラスで提供されているかは不明です。

洋菓子の世界タイトルを獲得したオーナーシェフ

アテスウェイのオーナーシェフ「川村英樹」さんは 新潟県出身の方で、ご実家が洋菓子店を営んでいたので、子供の頃からケーキには親しんで来られたそうです。

1989年に「東京プリンスホテル」に就職して修行を始め、その後は「第16回クープ・ド・フランス世界大会」(1997年)で、日本人としては初めて総合優勝に輝く快挙を達成し、この時弱冠26歳ながら、一躍世界的な有名パティシエとして注目されます。

その後は2000年にフランスに渡り、ブルターニュ地方で4つ星ホテルとして有名な「グランドホテル テルメスマリーン」で1年間修行する傍ら、フランスの「アルパジョンコンクール」のショコラ部門で見事に優勝し、2001年に帰国。

帰国後はアテスウェイのシェフパティシエに抜擢され、2007年からはオーナーシェフに就任、現在に至るそうです。

そんな川村シェフのこだわりは「材料」にあるそうで、例えば製菓用チョコはイタリア「ドモーリ社」の最高級の物をふんだんに使い、作っているのだとか。

川村シェフは「ピスタチオのボンボンショコラ」を作っている時に、はこんなコメントをしています↓

シナモンとピスタチオの風味。中のガナッシュにはホワイトチョコレートを使っています。普通、ミルクの風味が他の素材を邪魔してしまうのですが、ドモーリ社のものは、素材をはっきり活かせるのが良かった。ピスタチオの香りがぐっと出るようになりました

この他、チョコに含まれるカカオの配合率まで計算し、他のチョコを混ぜ合わせた時「どんな味になるのか」など、かなり細かい部分にまで気を使い、様々なスイーツを作っているのが印象的でした。

つまり素材の持ち味を最大限に引き出し、最高の形で組み合わせて完璧に仕上げるという、非常に繊細な技術が「日本有数の美味しさ」と言われる評判を、生み出しているのかも知れません。

スポンサードリンク

店舗の詳細

アテスウェイ
住所東京都武蔵野市吉祥寺東町3-8-8 カサ吉祥寺2
電話番号0422-29-0888 予約可
営業時間11:00~19:00
日曜営業

※営業時間は当面の間、11時~18時にすると公式HPでアナウンスあり
定休日月曜定休(月曜祝日の場合は火曜もお休み)
店舗形態洋菓子専門店
価格帯
(1単価)
500円~700円台
イートインなし テイクアウトのみ
駐車場あり、3台
特記事項カード(5000円以上で使用可)、電子マネー不可、完全禁煙、店内は撮影禁止

吉祥寺駅前~西荻窪駅前は路線バスが走っている(吉祥寺駅北口は3番のりば西荻窪駅行き/西荻窪駅北口は1番のりば吉祥寺駅行き:西10系統:関東バス)。

店舗近くの「東京女子大前」で下車(運賃220円、所要時間3分、運行間隔は10分程度)。
公式サイトアテスウェイ
SNSFacebook(非公式のファンページ)
近くの
観光地
東京女子大学(創立100年以上で初代学長は新渡戸稲造、オープンキャンパス内の礼拝堂が有名)東京都立善福寺公園(入園無料で有料のボート乗り場あり)

Googleマップの口コミリンク

お店の地図情報と口コミがご覧になれます。2番目はアテスウェイ・グラスエショコラ、3番目は上でご紹介している食べ物を持ち込み可能な吉祥寺のカフェです。

Google マップ
Google マップ
Google マップ

テイクアウト用の休憩ベンチ

こちらでは西荻窪駅に近い「西荻北中央公園」をご紹介しています。水道やトイレもありました。

Google マップ

インスタグラムの参考ページ

Login • Instagram
Welcome back to Instagram. Sign in to check out what your friends, family & interests have been capturing & sharing around the world.

※アテスウェイ・グラスエショコラの投稿も含まれます。

実食ブログ

pocketlinehatebuimagegalleryaudiovideocategorytagchatquotegoogleplusfacebookinstagramtwitterrsssearchenvelopeheartstaruserclosesearch-plushomeclockupdateeditshare-squarechevron-leftchevron-rightleafexclamation-trianglecalendarcommentthumb-tacklinknaviconasideangle-double-upangle-double-downangle-upangle-downstar-halfstatus