豊島区インスタ映えイートインありテラス席あり

繊細で美味しいケーキに絶品アイスとパフェの名店 巣鴨・ヨシノリアサミ

ヨシノリアサミの人気メニュー/キャラメル ポンム
都営三田線の巣鴨駅にほど近い「パティスリー ヨシノリアサミ」には見た目抜群の可愛いケーキやアイス、豪華なパフェがズラリ♡素材を活かした繊細は味わいは、多くのスイーツファンの心を鷲掴みにしてSNSでも大人気になってます♪
スポンサーリンク

SNSで人気のケーキ

 

この投稿をInstagramで見る

 

Kaoruさん(@7m_kaoru)がシェアした投稿

一番人気の「キャラメル ポンム」です。

ツヤツヤな表面のグラサージュ(コーティング)は意外と酸味(レモン?)があります。中には滑らかで甘いキャラメルムースと、甘酸っぱいりんごのコンポートが入っていて、酸味と甘味のバランスが絶妙ですね。

土台のタルトも香ばしくサクサクとして、いいアクセントになっており、少し甘めな味付けながら、パクパクと食べられる美味しさでした♪

 

View this post on Instagram

 

nyanyaさん(@nyanya6010)がシェアした投稿

こちらも人気の「フォレノワール」です。

チビっ子でもOKなお酒不使用のフォレノワール🍒🍒🍒

との事で、店員さんに聞いたら確かに洋酒類は使っていないとのこと。フォレノワールは普通、ガッツリと洋酒を使うので、これって結構珍しいかも知れません。

食べてみるとすごく繊細な味わいでした。中にゴロゴロ入っている大粒のダークチェリーも旨味や酸味がしっかりとしています。滑らかなバニラ、フランボワーズ、チョコ、この3種のムースが良く調和しており、甘さ控えめで全体的な味のバランスが絶妙でした。

上下を挟む少し固めのチョコ味のスポンジも良いアクセントになっていますね。主張はそれほど強くはありませんが、これはアリでしょう。洋酒系のケーキが苦手な人にもオススメだと思います♪

 

この投稿をInstagramで見る

 

ɴᴏʙᴜ ʜᴀʏᴀさん(@nobu.haya)がシェアした投稿

見た目バッチリで人気の「ロシアンテール」です。

ロシア政教の塔の先端に付いている「玉ねぎ形のアレ」をモチーフにしたとかで、ひねる様に斜めに絞ってある所が美しいです♪

早速パクリ。中にはスパークリングワインとミックスベリーを合わせたという、甘酸っぱく滑らかなムースが入ってました。味付けはちょっと甘めです。

中心付近にはコクのあるバニラムースと、酸味の強いグリオットのクーリ、これはサワーチェリーを裏ごしした濃厚なピューレの事ですが、このクーリーの爽やかな酸味に、バニラムースと甘いベリーのムースが見事にマッチしていて、めっちゃ美味しいです♪

「可愛くて見かけだおれのケーキ」って意外に多いのですが、これはアタリですね。とっても味わい深くて今日一番のケーキになりました♡

 

View this post on Instagram

 

小柳弐魄さん(@nihakun)がシェアした投稿

最後にご紹介するのは「カフェショコラ」です。

このケーキはパリで開催された世界的なチョコの祭典「サロンデュショコラ」で準優勝を獲得し、お店の代表作と言われています。凄いですね…

ワクワクしながら食べてみると、一口目から驚きました。フワッと香る上品でホロ苦いエスプレッソムースと、中心のちょっとビターで香ばしい旨味のあるチョコムースのコラボが、めっちゃ美味しいです♪

表面を覆うグラサージュのチョコは甘めですが、中のエスプレッソとチョコムースは甘さ控えめなので、味にコントラストが出ています。土台に敷かれている、ザクザクとした絶妙な歯ごたえの”クラッシュアーモンド”がいいアクセントになって、あっと言う間に食べ終わっちゃいました♪

スポンサーリンク

まとめ

以上ですが、どのケーキも素晴らしい出来栄えで、味付けは繊細で意識的にメリハリを出すよりも、素材同士の相性や調和を、より重視しているみたいです。

また全部ではありませんが「味の傾向」としては以前ご紹介したフラウラクロリオに何となく似ている気がしました。

残念な事に伺った日がめっちゃ寒くて、しかもイートインが空いておらず、テラス席で食べたので、今回は人気のアイスや豪華なパフェはパスしたのですが、次回行った時はぜひ頂こうと思います。

お店の特徴(外観、イートイン、サービス面)

 

View this post on Instagram

 

usaganiさん(@usaganikki)がシェアした投稿

お店の外観は淡いパープルのシェードと、ブラックを基調にしたシックで上品な印象ですが、右横の大きなコウノトリの看板が「トレードマーク」になっていて、フレンドリーな雰囲気も醸し出しています。

お店の前は小粋なテラス席です。テーブルは3つで最大7人掛け、前には2台分の駐車スペースもあります。店内には可愛いコウノトリの置物があったり、イイ匂いの焼き菓子コーナーも充実していて、イートインは2人掛けのテーブルが4つ。全部で8席でした。

今回は週末で店内が大混雑&イートインが満杯で、テラス席で頂いたのですが、店員さんの対応は礼儀正しく丁寧。ちょっと寒かったですけど、リラックスして過ごせました。

オーナー紹介

お店のオーナーシェフは浅見 欣則(あさみよしのり)さん。テレビや雑誌でも有名な方ですが、調べてみるとやはり、素晴らしい経歴の持ち主でした。

浅見さんは製菓学校を卒業後、明治神宮主催の「明治記念館」に務めながら「ジャパンケーキショー」で見事に準優勝を果たすなど、若くして頭角を現します。

その後はジャパンケーキショーの副賞だったヨーロッパへの研修旅行で、欧州各地の有名パティスリーを周りながら厳しい修行に励み、遂には自らの為と、明治記念館を退職して単身渡欧します。

そしてM.O.F. (フランス最優秀職人)の称号を与えられたシェフパティシエの居るスイスのショコラの名店「パトリック・シュバロ」で1年間勤務。

次はフランスのアルザス地方にある「ダニエルレベー」に1年勤務したあと、アルザスの中心都市ストラスブールの「パティスリーキュブレー」でシェフパティシエに抜擢され、以後10年間に渡って勤務します。

その後はM.O.F. コンクールのグラシエ部門(アイスクリーム職人)で、日本人で初めてファイナリストとなり、2006年には「シャルル・プルースト杯」で準優勝するなど、数々の有名タイトルに輝いたあと帰国。2015年に巣鴨で念願だった「パティスリーヨシノリアサミ」をオープンさせました。

そんな浅見シェフのこだわりは「とにかく手作りにこだわり、素材の持つ良さを引き出すこと」だそうで、これはお店に並ぶケーキの特徴と、ピッタリ一致すると思います。

まだオープンして4年目のフレッシュなお店。浅見シェフは第二の故郷である「アルザスの美味しさ」を日本に伝える「架け橋」に成りたいと思い、幸せを運んで来ると言われるコウノトリを、お店のトレードマークにしたのだとか。

とっても素晴らしいエピソードですよね。これからも長い海外経験で培った「卓越した技術」を存分に発揮し、夢を叶えて頂きたいと思いました。

スポンサーリンク

店舗の詳細(口コミも確認できます)

パティスリー ヨシノリアサミ 2015年オープン
住所東京都豊島区巣鴨3-23-3 ハウス桃李 1F
電話番号03-5980-7674 予約不可 FAX:03-5980-7674
営業時間10:00~19:30、日曜営業
定休日水曜日・第2火曜日(祝日などで変更の場合あり)
店舗形態洋菓子専門店
価格帯
(1単価)
400円~600円台
イートインあり イートイン4テーブル×2で8席 テラス席3テーブルで7席 計15席
駐車場あり 2台
特記事項完全禁煙、子供可、店内の写真撮影は不可(目の前のケーキを撮影するのはOKのようです)
SNSTwitterfacebook
近くの
観光地
六義園(桜と紅葉の名所)

周辺地図口コミも閲覧可能です

参考ページ

パティスリーヨシノリアサミ Pâtisserie Yoshinori ASAMI on Instagram • Photos and Videos
1,174 Posts - See Instagram photos and videos taken at ‘パティスリーヨシノリアサミ Pâtisserie Yoshinori ASAMI’

実食ブログ

パティスリーヨシノリアサミ@巣鴨|有名パティシエの絶品パフェ
巣鴨の「パティスリーヨシノリアサミ」さんで、人気のパフェをいただきました。フォトジェニックな見た目でテンションがあがる、とても美味しいパフェでした!
Scroll Uppocketlinehatebuimagegalleryaudiovideocategorytagchatquotegoogleplusfacebookinstagramtwitterrsssearchenvelopeheartstaruserclosesearch-plushomeclockupdateeditshare-squarechevron-leftchevron-rightleafexclamation-trianglecalendarcommentthumb-tacklinknaviconasideangle-double-upangle-double-downangle-upangle-downstar-halfstatus