新宿・池袋インスタ映えイートインありリーズナブル

お得なセットにフルーツサンドとパフェ ホットケーキパーラーフルフル赤坂

ホットケーキパーラーフルフルの人気メニュー/万惣のホットケーキ(手前)
東京メトロ赤坂駅から歩いて5分の「ホットケーキパーラーフルフル赤坂店」は「万惣のホットケーキ」に季節の果物をタップリ使った「見た目ばっちりのパフェ」と「フルーツサンド」が大人気。お得なセットメニューが多く、予約すれば食べ放題も可能。梅ヶ丘駅近くにも支店があります。
スポンサーリンク

SNSで人気のケーキ

 

この投稿をInstagramで見る

 

kuriko.0817さん(@kichakun.010227)がシェアした投稿

お店の定番「ホットケーキ」です。今回は一番人気の「フルーツクリームホットケーキ」(税込1200円)をご紹介します。

ホットケーキは特注の銅板プレートで焼き上げるので焼きムラが少なく、めっちゃ美味しいのだとか♪

その評判通り、生地は外サク&中フワの絶妙な焼き加減です。2口ぐらい生地の旨みを味わった後、セットで付いてくる常温のとろとろバターと、お店特製のメイプルシロップを掛けて頂きました。

熱々だからバターがトロケけ、口の中いっぱいに広がる「どら焼きのような焦がし風味の甘じょっぱい味わい」が本当に堪りません♡

横の甘酸っぱいフルークリームを絡めて食べるとミルキーさがグンとアップして、更に美味しくなり大満足できました♪

170年の歴史を引き継ぐ万惣のホットケーキ

「万惣」は江戸末期の弘化3年(1846年)に当時珍しかった「果物を取り扱うお店」として神田の須田町で誕生し、日本で初めてマスクメロンを紹介した事で有名になりました。

明治43年(1910年)には果物店として初めて宮内庁御用達となり、順調に業績を伸ばしますが、大正12年(1923年)の関東大震災で、神田周辺は焼け野原になってしまいます。

そんな逆境にもめげず万惣は震災復興後の昭和2年(1927年)に日本洋菓子界の先駆けとなる「万惣フルーツパーラー」を須田町交差点の一等地にオープンさせ、大成功を収めます。

この万惣フルーツパーラーの代表メニューが先程ご紹介した「ホットケーキ」なのです。焼き方も材料もお店独自の製法で、作家の池上正太郎さんや、タレントの糸井重里さんも足繁く通ったそうで、最盛期には全国のデパートに、たくさんの支店がありました。

その後も堅調に業績を伸ばしますが、2011年の東日本大震災後に都内の主要道路周辺の耐震基準が大幅に引き上げられ、この耐震基準強化に万惣の本社ビルが引っ掛かり「建て替え」を余儀なくされてしまいます。

しかし万惣は手持ちの資金が乏しく、苦渋の決断で2012年に全店舗を閉鎖し、洋菓子業界から完全撤退、その後は幾つかの再建話もあったようですが、最終的には廃業する事となりました。

さて、やっと本題に入れます。実はこのホットケーキパーラーフルフルは、万惣のホットケーキとフルーツ部門を「実際に担当していた方々」が2013年に新規オープンしたお店で、言うなれば長年培った「万惣スピリット」を、そのまま引き継いでいるのです。

私も今回調べてみて初めて知りましたが、こういう「さまざまな事実」がフルフルのホットケーキに「170年分のエッセンス」として染み込み、より美味しくなったような気がしています。

このホットケーキは別名「万惣(まんそう)のホットケーキ」とも呼ばれていて「その由来」については上記に詳しくご紹介していますので、興味のある方は御覧ください。

 

この投稿をInstagramで見る

 

HINAさん(@hina_k_738)がシェアした投稿

最近登場した秋の味覚パフェ(税込1600円)です。

旬のイチジクとナシ(2種類)や柿、マスカットなどを綺麗にあしらった一品で、中には生クリームとナッツ入りのバニラアイス、甘じょっぱくてほろ苦い「塩キャラメルのソース」が入っていました。

甘さ控えめのバニラアイスと塩キャラソースの組み合わせが、ジューシーなフルーツとしっかりマッチしていて、具材のバランスも抜群でした。

ぶどうや柿の甘味とイチジクのぷちぷち感にナシのシャキシャキ感、ホクホクのマロングラッセやポリポリしたナッツが「いいアクセント」になって、めっちゃ美味しかったです♪

 

この投稿をInstagramで見る

 

@parfaitstgramがシェアした投稿

こちらも最近評判の「ぶどうのパフェ」(税込1600円)です。

トップには甘味の強いシャインマスカットと、長野県特産のナガノパープルをずらっと並べ、中には甘さ控えめの生クリームと甘酸っぱいブルベリーソース、ブドウのシャーベット、歯ごたえのあるナタデココやバニラアイス、そして切ったブドウなどがギッチリと入っていました。

ナタデココがアクセントになり、生クリームとバニラアイスが甘さ控えめで、ブドウの甘味によく合います。底の方のブルーベリーソースで味変も出来ますし、素材本来の美味しさを存分に楽しめる一品だと思いました。

あとパフェとセットにするドリンクはどれでも「200円引き」(アルコール類を除く)になるのでお得です♪

 

この投稿をInstagramで見る

 

林 里香さん(@rika_hayashi45sr)がシェアした投稿

見た目抜群で大人気のフルーツサンド(8個:税込1700円)です。挟むフルーツは仕入れの状態や季節ごとに違い、夏~秋は「マンゴー、キウイ、苺」(上記写真)又は旬の柿などが使われるそうです。

ふわふわの自家製パンにミルキーな生クリーム、具材が新鮮なフルーツと来れば美味しくない訳がありません。

意外とボリュームタップリでしたが、生クリームが甘さ控えめで後味も軽く、アッという間に食べ終わっちゃいました♪

多すぎる場合は4個のハーフサイズ(4個:税込900円)も選べます。こちらもセットのドリンクは200円引きです。

スポンサーリンク

お店の特徴(外観、イートイン、サービス面)

 

この投稿をInstagramで見る

 

sanchan-yokoさん(@san5chan1971)がシェアした投稿

お店の外観はハンドメイドと思われる木彫りの人形を看板に仕立てるなど、すごく斬新かつフレンドリーです。またイートインがよく混み合うので、順番待ちの人が座れる様にと、複数のベンチが設置されていました。

30分ほど外で待ちましたが、お店の方がお水を用意してくれ苦にはならず。カウンター席で、丁寧な作業風景も見れました。

この辺りのサービスをしっかり出来ているお店は、都内でもごく少ないと思います。私達が伺った時も接客対応は素晴らしかったです。

店内は白が基調の上品で清潔な雰囲気で、カウンターが8席、4人掛けのテーブル席が3つで計12席、合計で20人が座れます。

但し左右の間隔が狭いので、満席だと最初はちょっと窮屈に感じるかも知れません。私はすぐに慣れてしまいましたが。

キッチンは仕切りがあるものの、ホットケーキはカウンター席の眼の前で焼いているので、いい匂いが充満してクラクラしてきました。店員さんの動きにも無駄がなく、キビキビしているのが小気味いいです。

お得なセットメニューとドリンク

 

この投稿をInstagramで見る

 

ごはんちゃんさん(@gohanchan_580)がシェアした投稿

ミニサイズのホットケーキ2枚(上記写真では1枚追加)+サンドイッチ4切れ(フルーツ、タマゴ、ハムから選択)+ミニパフェ+1ドリンクのセットが「税込み2400円」で食べられる平日限定の「アフタヌーティセット」です。

上記の写真は梅ヶ丘店の物ですが、内容は本店(下記の写真)と同じです。最近セットのミニパフェが「ぶどう」に変更されたようです↓

 

この投稿をInstagramで見る

 

haigiさん(@haigi556)がシェアした投稿

ホットケーキは1枚200円で何枚でも追加可能です。あと上でご紹介したフルーツクリームやバナナサンデーも+500円でトッピングできますし、ミニパフェは+600円でより高級な「宮崎マンゴーのミニパフェ」と交換できます。

またセットドリンクにホットコーヒーを頼むと「もう1杯無料でお代わり」できるのでお得です♪

 

この投稿をInstagramで見る

 

kimiyoさん(@kmy_mako)がシェアした投稿

ランチメニューはABCの3種類あり、どのセットにも「ミニサイズのホットケーキが2枚にミニパフェと1ドリンク」が付きます。

Aセットは(上記写真:一番人気)自家製ドレッシングが掛けられた野菜とフルーツのマリネ、Bセットはタマゴサンド、Cセット(こちらも人気)はアボガドたっぷりのハムサンドで、値段は一律税込1600円です。

また、複数人用のホットケーキ食べ放題プラン(ソフトドリンクも飲み放題:3400円)や、その他にも色々とお得なメニューがあり、予約サイトで人気になっています。

 

この投稿をInstagramで見る

 

NYさん(@n.y_foodism)がシェアした投稿

パンケーキやサンドイッチはテイクアウトも可能だったので、私はアボガドタップリのハムサンド(ハーフ4切れ:900円)をお土産に買いました。

パンはトーストされてサクサク、中のハムは2枚入りだから食べごたえがあり、自家製ソースとトロトロのアボガドに、スライスアーモンドの組み合わせが素晴らしく、挟んだレタスもシャキシャキでめっちゃ美味しかったです♪

ドリンクメニュー

 

この投稿をInstagramで見る

 

さくらいまさゆき(masa)さん(@sakurai.masayuki)がシェアした投稿

ドリンクもかなり多いです。

コーヒー(1杯無料でお代わり可能)、アイスコーヒー、アイスティー、カフェオレ(Hot&Ice)、ミルク(Hot&Ice)、紅茶はセイロンでアップルティーの2種類が選べてポットで出てきます。ここまでが一律500円。

ハーブティーはフレッシュミックス、カモミールシトラス、ワイルドベリーシトラスの3種類で一律600円。シェイクはパパイヤミルク、いちごミルク、アボガドハニー、バナナカスタードの4種類で一律800円。

他にピュアジュースが「季節のミックス、パパイヤ、パイナップル、あまおう」の4種類で一律800円。生搾りのフレッシュジュースは「オレンジ、でこぽん、メロン」の3種類で一律1000円。

さらに果汁100%のアップルサイダーとグレープサイダーが600円。ここまでのドリンクは上でもご紹介していますが、パフェなどのデザートとセットにすると「200円割引」されます。

アルコール類はプレミアムモルツ(小瓶:500円)、グラスワイン(赤白:500円)、デキャンタワイン(4杯分:1500円)、スパークリングワイン(800円)などが選べました。

このお店の店員さんはもともと「果物仕入れのエキスパート」だっただけに、フルーツジュースの評価が全般に高く、例えば仕入れ値の高騰などで値上げする時も↓

乳製品などの原材料価格高騰に伴いまして、4月30日(火)より商品の価格改定をいたします。

最近は価格を落とさず品質を落としたり量を少なくする「ステルス値上げ」が横行し、嫌な思いをする事が多いですが、このお店は品質を落とさないため「値上げを隠さず正直にアナウンスする所」が、特に素晴らしいと思いました。

さて、ジュースですが、私と相棒はピュアジュースの「季節のミックス」を頂きました。思った通り果汁が超フレッシュかつ、甘く濃厚で、とっても美味しかったです♪

最寄り駅からの道順

スポンサーリンク

店舗の詳細(口コミも確認できます)

ホットケーキパーラーフルフル赤坂店 2013年オープン
住所東京都港区赤坂2-17-52 パラッツォ赤坂 1F
電話番号03-3583-2425 平日夜のパーティープランのみ予約可能。

営業時間[平日]11:00~20:00(L.O.19:30)、[土・日・祝]11:00~18:30(L.O.18:00)、日曜営業
定休日月曜日(その他年末年始に休業)
店舗形態ホットケーキパーラー
価格帯
(1単価)
ホットケーキ:1200円
パフェ:1600円


イートインあり 20席
駐車場なし
特記事項完全禁煙、カード可(VISA、MASTER、JCB、AMEX、Diners)、電子マネー不可、食べ放題あり、店内は原則撮影禁止。
SNSTwitterInstagram
公式HPホットケーキパーラーフルフル

グーグルマップの口コミリンク

お店の地図情報と口コミがご覧になれます。

ホットケーキパーラー Fru-Full 赤坂店
★★★★☆ · フルーツ パーラー · 赤坂2丁目17−52 パラッツオ赤坂 103
ホットケーキパーラー フルフル 梅ヶ丘
★★★★☆ · カフェ・喫茶 · 松原6丁目1−11

インスタグラムの参考ページ

#ホットケーキパーラーフルフル hashtag on Instagram • Photos and Videos
1,127 Posts - See Instagram photos and videos from ‘ホットケーキパーラーフルフル’ hashtag

※梅ヶ丘店の投稿も含みます。

実食ブログ

『ホットケーキとパフェを一緒に食べたい時 フルフル』
ホットケーキとパフェが食べたいと、思ったそんな日は、小田急線梅ヶ丘駅からすぐ、フルフルカウンター席がいっぱいだったので、珍しく奥の席へ。家の一室のような、誰か…
Scroll Uppocketlinehatebuimagegalleryaudiovideocategorytagchatquotegoogleplusfacebookinstagramtwitterrsssearchenvelopeheartstaruserclosesearch-plushomeclockupdateeditshare-squarechevron-leftchevron-rightleafexclamation-trianglecalendarcommentthumb-tacklinknaviconasideangle-double-upangle-double-downangle-upangle-downstar-halfstatus