新宿・池袋イートインありリーズナブル駅近

有名パティシエの美味しいケーキがインスタで大評判 曙橋・ラヴィドゥース

ラヴィドゥースの人気メニュー/デリス
都営地下鉄の曙橋駅にほど近い四谷の名店として知られる「パティスリー ラ ヴィ ドゥース」はフランスの有名コンクールで優勝した凄腕パティシエが作る「めちゃうまケーキ」が評判のお店。ケーキはどれも高品質でリーズナブルだから、インスタで大人気になってます♪
スポンサーリンク

SNSで人気のケーキ

 

この投稿をInstagramで見る

 

M Ishiharaさん(@kenkorokoro)がシェアした投稿

人気の「デリス」(税込454円)です。見た目がイイ感じ♡

外側が濃厚で少し甘めのバニラのムース、中心付近に酸味の効いたラズベリーのジュレ♡ この2つが「ムチムチでふわふわのスポンジ」によく絡んで、めっちゃ美味しいです♪

土台の薄めで香ばしいクッキーが「程よいアクセント」になって、甘さも丁度よく、あっと言う間に食べ終わっちゃいました。

 

この投稿をInstagramで見る

 

こんみつさん(@so_sweet_19973)がシェアした投稿

一番人気の「ラ・ヴィ・バッカス」(税込486円)です。

ラ・ヴィ・バッカスはオーナーシェフがフランスの有名コンクール「シャルル・プルースト杯」で優勝した時のケーキだそうで「お店のスペシャリテ」と言われています。

上層は滑らかで軽い食感のミルクチョコムース、その下には少し歯ごたえのある濃厚なガナッシュと、甘酸っぱいオレンジのコンフィチュール(果肉ジャム)が敷かれて、絶妙なコラボレーションを醸し出しています♡ ほんのりと洋酒が効いて、めっちゃ美味しい♪

土台はアーモンド入りのサクサクとしたタルト。これがまたいいアクセントになり、甘さ控えめだから、もうパクパクと食べちゃいました。

きっちりと仕上がっていますね。お値段的にもリーズナブルで、とってもお得なケーキだと思います。

 

この投稿をInstagramで見る

 

@coronholicがシェアした投稿

定番のフレジェ(税込453円)苺のショートです。

シャンティはミルキーで軽めの食感。スポンジはフワフワで口に入れると、スフレのようにスーっと溶けて無くなるぐらいきめ細やかなのに「卵味が濃厚」で最高に美味!

なんでも「那須御養卵」というブランド卵でスポンジは作っているそうで、甘酸っぱい苺もたくさん挟まって、さっぱりと食べれるから、好きな人は3個ぐらい「一気にいける美味しさ」だと思いました♪

 

この投稿をInstagramで見る

 

cafeco-halさん(@cafecohal)がシェアした投稿

お店の名物と言われている「四谷シュー」(税込248円)です。

ガブッとかぶり付くと、ミルキーでコク深いディプロマットクリーム(カスタード+生クリーム)が、ブワッとあふれて来ました♡

シューは上がざくざくとしたクッキー生地で、底の方だけサックリとしたパイ生地という「凝った作り」になっていて、歯ごたえがよくて食感が違う、2種類の厚めのシュー生地に、濃厚なディプロマットが見事にマッチしています。

ディプロマットは少し甘めなのですが、それが香ばしいシュー生地の旨味をグングン引き出し、何とも止まらなくなっちゃう美味しさで、私は2個ペロリと食べちゃいました♪

 

この投稿をInstagramで見る

 

meu(@yokutaberumeu)がシェアした投稿

人気の「モンブラン」(税込518円)です。写真は横浜店の物ですが、新宿店でも同じモンブランが食べられます。

頂上に雪景色のシャンテイ、マロンクリーム、その下にバニラクリームとカスタードクリーム、中央にたっぷりと栗の渋皮煮を入れ、土台はチョコでコーティングしたメレンゲという、すごく手の掛かった一品。

トップのシャンティはやや甘め、ねっとりとしたマロンクリームと、対照的にフワッと軽いバニラクリームは甘さ控えめで、ホクホクとした渋皮煮と相性ばっちり。

味のメリハリがきっちり効いています。バニラ風味のカスタードクリームに、サックサクのチョコメレンゲが口の中でジュワッと溶けて、最高に美味しかったです♪

 

この投稿をInstagramで見る

 

LEGO-nao(@legonao7)がシェアした投稿

お店の定番と言われる「シブースト・ポンム」(税込496円)です。リンゴが旬を迎える晩秋以降は特に美味しくなるとか。

香ばしくほろ苦いカラメリゼに、洋酒の効いてふわふわなバニラのシブーストクリーム♡ これメッチャ美味しいです。

中に挟まっている、シナモン風味のリンゴのキャラメルソース煮がすごく濃厚で、ほろ苦いキャラメルソースに、土台のサクッとしっとりなタルトが、絶妙なアクセントになって、ほんと、大満足の一品でした♪

 

この投稿をInstagramで見る

 

@yoh2021がシェアした投稿

新作の「かぼちゃ・キャラメル」(税込486円)です。写真は横浜店の物ですが、新宿店でも同じケーキが食べられます。

旬を迎えたかぼちゃのババロアに、シナモンを効かせた香ばしくほろ苦い、ビスキュイ・ジョコンド(アーモンド風味のスポンジ生地)の組み合わせが素晴らしいです。

ふわっと滑らかな優しいかぼちゃのババロアと、シナモンの甘い香り、ポリポリした松の実を練り込んだ、粗目のスポンジが相性ばっちり。めっちゃ美味しくて甘さ控えめだから、あっという間に食べ終わっちゃいました♪

スポンサーリンク

まとめ

いやー素晴らしかったです。普通のケーキだと思って食べたら全然違いました。出来栄えや完成度に比べ、お値段はかなりリーズナブルで、季節ごとに新作もバンバン登場します。

基本的に良質な素材を巧みに組み合わせ、それぞれの個性を絶妙なバランスで引き出した「繊細なケーキ」が多く、インスタでは熱心なリピーターが多数いるみたいです。

あとこれは私の主観ですが、似ている味のお店として小田急線:代々木八幡駅近くのフラウラをオススメします。ここのケーキも凄く繊細で、手抜き無く作られているから、めっちゃ美味しいですよ♪

お店の特徴(外観、イートイン、サービス面)

 

この投稿をInstagramで見る

 

yukikoさん(@yuccopan)がシェアした投稿

ブラウンの外観に白いロゴが映えてとってもお洒落です。右横にはお店のコンセプトである「お菓子をイメージしたフルーツの木」が描かれていて、こちらもイイ感じ♪

最寄り駅からの道順

店内は木目を多用したフレンドリーでアットホームな雰囲気。長屋風の横に細長い作りで、幅はありませんが広さは十分です。午前中に伺ったのですが店内はテイクアウトのお客さんで、かなり混雑していていました。

そのせいもあってか、右側カウンターでは5人の若いパティシエさんが横並びで作業して、一生懸命ケーキを作っていましたね。つまり「出来たてにこだわるお店」なのかも♪

ショーケースの中には全部で30種類ほどの生ケーキやロールケーキとプリン、4種類のアントルメが綺麗に並んでワクワクしてきます♪

焼き菓子コーナーもかなり広く、数え切れないほどのクッキーやフィナンシェ、マドレーヌ、マカロンやケーク、生チョコなどがズラリと並んで、どれもめっちゃ美味しそうでした♪

 

この投稿をInstagramで見る

 

のびよさん(@nobiyoo)がシェアした投稿

イートインは入り口を入った奥にあります。道路に面した窓際にカウンター席作られ、レトロな椅子が8つ横に並んで、とても見晴らしが良かったです。

ドリンクはブレンドコーヒー、カフェオレ、カフェラテ、紅茶3種類(ブレンド、フルーツ、アールグレイ)、ミルク(ここまで全部ホット&アイスを選択可能)、ホットチョコレートなど、合計10種類(税込み400円~605円)から選べます。

私と相棒は紅茶のアールグレイ(605円)を頂きましたが、とっても美味しくて、ポットで出てくるからお得です♪

店員さんの応対は優しく丁寧、イートインは丁度空いていたので、ゆっくりと美味しいケーキを頂きました♪

あとこのお店は以前ご紹介したパティシェリア(首都圏の有名パティスリーのケーキを一堂に集めた新宿タカシマヤの人気店)にも出店していますので、新宿駅に寄った時は色々と重宝します。

オーナー紹介

オーナーシェフは堀江 新さん。神奈川県横浜市出身の方で、1987年に製菓学校を卒業後、神奈川県のパティスリーを経て1989年、銀座の有名ショコラティエ「和光ルショワ」に入社して3年間働き、1992年、和光ルショワを退社して自らの修行のために渡欧します。

その後はドイツ:ルクセンブルグの老舗「オーバーワイス」やフランス、ベルギーの有名店で合計3年間の厳しい修行を続けるかたわら、フランスで最も権威ある製菓コンテスト「シャルルプルースト杯」に挑戦し、みごと優勝に輝き、1995年に凱旋帰国を果たします。

帰国後は古巣の和光ルショワでシェフパティシエに抜擢され、忙しい業務をこなしながら海外の有名コンクールにも果敢に挑戦。1999年には世界最高峰と言われるフランスの「クープ・ド・モント・ラ・パティスリー世界大会」の氷細工部門で、なんと優勝してしまうのです。

団体総合で日本は惜しくも4位だったものの、堀江さんは「世界的なパティシエ」の1人として一躍注目を集めます。そして2001年に和光ルショワから独立、このお店をオープンさせました。

そんな堀江シェフのこだわりは「1菓子職人に徹し、お客様が笑顔になれる洋菓子を作ること」だそうで、それは出来立てにこだわるお店の姿勢にも、如実に表れている様な気がします。

現在はご出身の横浜にある2号店と本店を行き来する、忙しい毎日だそうですが、これからも地域に密着した人気店として、ぜひ頑張って頂きたいと思いました。

スポンサーリンク

店舗の詳細

パティスリー ラ ヴィ ドゥース  2001年オープン
住所東京都新宿区愛住町23-14 べルックス新宿ビル 1F
電話番号03-5368-1160
営業時間9:30~19:00、日曜営業
定休日月曜日
店舗形態洋菓子専門店
価格帯
(1単価)
生ケーキ:400円後半~500円台前半が主流(税込)

イートインあり 8席
駐車場なし
特記事項完全禁煙、子供可、店内は基本撮影禁止ですが、目の前のケーキは問題ないようです
公式HPパティスリー ラ ヴィ ドゥース

Googleマップの口コミリンク

お店の地図情報と口コミがご覧になれます。

ラ・ヴィ・ドゥース 新宿店
★★★★☆ · ケーキ屋 · 愛住町23−14 ベルックス新宿ビル
パティスリーラ・ヴィ・ドゥース横浜
★★★★☆ · 洋菓子店 · 中川中央2丁目3−15

テイクアウト用の休憩ベンチ

お店周辺で検索しご紹介しています。曙橋駅近くの「新宿区立仲之公園」には幾つかベンチがあり、簡易トイレもあります。子供は殆ど来ないとの事で、ゆっくりできると思います。

Google マップ
Google マップで地図を検索。乗換案内、路線図、ドライブルート、ストリートビューも。見やすい地図でお店やサービス、地域の情報を検索できます。世界地図も日本語で、旅のプランにも便利。

インスタグラムの参考ページ

#ラヴィドゥース hashtag on Instagram • Photos and Videos
951 Posts - See Instagram photos and videos from ‘ラヴィドゥース’ hashtag

実食ブログ

ラ・ヴィ・ドゥースの焼き菓子 - 渡辺さん家
せっかく新宿まで行ったので、焼き菓子もたくさん購入してきましたこのケーキ屋さんはもともと3、4年前にパティシエさんが連れてきてくれたお店でどのケーキを食べてもおいしいという事に感動したのですが10年以上前に雑誌の切り抜きをスクラップした中に入っていました遠い遠い東京のケーキ屋さん。お店に行く事なんでないと思っていたのに...
Scroll Uppocketlinehatebuimagegalleryaudiovideocategorytagchatquotegoogleplusfacebookinstagramtwitterrsssearchenvelopeheartstaruserclosesearch-plushomeclockupdateeditshare-squarechevron-leftchevron-rightleafexclamation-trianglecalendarcommentthumb-tacklinknaviconasideangle-double-upangle-double-downangle-upangle-downstar-halfstatus