※ 新型コロナの影響により、営業日や営業時間が変更されているお店が多くなっています。詳しくは各店舗の公式HPをご覧ください。

目黒周辺イートインあり関連店あり駐車場あり

辻口博啓シェフが作る繊細なケーキに感動 自由が丘 モンサンクレール

モンサンクレールの人気メニュ/リコベル
最寄りの自由が丘駅からは徒歩9分。このお店は有名パティシエの「辻口博啓」シェフが主催しており、素材を巧みに組み合わせた繊細な味わいのケーキがインスタで大評判。お洒落なイートインが14席に、駐車スペースも4台分あります。

辻口博啓シェフが手掛ける極うまケーキ7点

大人気のリコベル(税込600円)です。オペラという甘いフレーバーの紅茶ムースをベースにメイプル、アプリコット、アップルの3種類のジュレが楽しめる逸品。

洋酒の香りがフワッと来て、深いコクにフルーティーな酸味と甘みのバランスがとてもよく、ジュレが口の中で混ざると旨味がググっとアップする感じ。

両端のパリパリなチョコも良いアクセントになって、1口食べると止まらなくなるぐらい美味しかったです。

季節限定の利平栗のモンブラン(税込720円)です。

栗味がめっちゃ濃いです。普通は中の生クリームを甘さ控えめにしますが、このモンブランは逆でした。

マロンぺーストを甘さ控えめに、ミルキーな生クリームを少し甘めにして味のバランスを取っている感じで、素晴らしく美味しいです。

中に入っているホクホクで塩味の効いたマロングラッセと、土台のメレンゲがサックサクでいいアクセントになり、あっという間に食べちゃいました。

よく推されているミルフィーユカシスマロン(税込650円)です。

香ばしくてサクサクなパイ生地の中に、滑らかで濃厚なガッシュクリームとモンブランクリーム、アクセントに甘酸っぱいカシスのジュレ。

この3つが口の中でトロトロに混ざりあい、パイ生地はちょっと硬めで旨味たっぷり、ボリボリむしゃむしゃと1口ごとに幸福感が味わえて、もう最高に美味しかったです。

こちらもよく推されている「ブロンテ」(税込630円)です。

シチリア島のブロンテという所で、年に2回しか収穫されない貴重なピスタチオが原料のピスタチオクリームは、もったりとしてかなり濃厚。

その下の滑らかなミルクチョコムースに、ピスタチオ風味のフワフワなスポンジとも相性バッチリ。

少し甘めな味付けですがトップに刺さっているビターなチョコバーのほろ苦さに、土台のサックサクで甘じょっぱいサブレが、素晴らしいアクセントになって、後味も軽く、あっという間に食べちゃいました。

美味しすぎると評判の「セゾンドガトー」(税込550円)です。マンゴーのショートケーキで、挟むフルーツは洋梨や苺、桃など、季節ごとに最適な素材が使われるそうです。

卵味が濃厚なフワフワのスポンジに、フワッと軽いミルキーなシャンティのコラボが絶妙、そこに少し酸味の効いたマンゴーが合わさり、その全部が口の中でトロけて、クラクラするほど美味しいです。

スポンジの間には濃厚なカスタードクリームも薄く挟まっていて、卵味とコクがアップ、これは本当にすばらしいです… 私的にはど真ん中の一品でした。

お店のスペシャリテ「セラヴィ」(税込630円)です。フランスの有名製菓コンクールで優勝したという逸品で、辻口シェフの代表作と言われています。

表面はフワッとしたホワイトチョコムース、その下には滑らかなピスタチオのスポンジと、優しい酸味のフランボワーズ・チョコムース、それそれのバランスが本当に素晴らしく、めっちゃ美味しいです。

ホワイトチョコのムースは軽く仕上げられているので全然重くありません。

土台のパリサクとしたフィヤンティーヌ(フレークっぽい食感のクレープ生地)も、良いアクセントになって、すごく美味しかったです。

人気の「コリエ」(税込650円)です。

甘めのココナッツのムースにマンゴー、複数の柑橘系を混ぜ合わせた甘酸っぱいジュレ、その下にフワフワのチーズケーキ。土台にはサブレが敷かれ、とても凝った作りのケーキです。

周りにはココナッツのフレークも振られて、パールネックレスのような飾りはホワイトチョコでした。

ココナッツムースと酸味の効いた柑橘ジュレの組み合わせが素晴らしいです。下のチーズケーキともよく合い、サクサクしたサブレもいいアクセントに。

めっちゃ美味しかったです。

有名人も絶賛!都内トップレベルのケーキ店 自由が丘 パリセヴェイユ
自由が丘駅から徒歩3分の「パリセヴェイユ」には、さまざまな素材を活かした「個性的なケーキと焼き菓子」がズラリと並び、開店前は毎日行列が出来るほどの人気ぶり。インスタで高評価のケーキが数多く、人気青文字系モデルの「村田倫子」さんもご贔屓のよう...

素材を生かした繊細な味わいのケーキに感動

以上ですが、ケーキはどれも少し甘めの味付けです。でも色々な素材が巧みに組み合わされ、その甘さが口に入れた途端に旨味に変化する”繊細な仕掛け”が、全部のケーキに色々と施され、めっちゃ美味しいです。

今回ご紹介したのは”お店の定番”と言われているケーキのごく1部で、他にも季節ごとにたくさんの期間限定メニューが登場し、そのどれもがインスタでは高評価を得ています。Twitterでは↓

これもめっちゃ美味しそう。季節ごとのフルーツを巧みに取り入れて作っているようです。焼き菓子も人気でした。

各種スイーツは通販でお取り寄せが可能

ネットではケーキと共にチョコ系全般が人気になっていて、お取り寄せ可能なスイーツ(ケーキ、チョコ、マカロンなど)が沢山あるので、興味のある方は下記のオンラインショップをご覧ください。

モンサンクレールのスイーツをお取り寄せ!
パティシエ辻口博啓の総合パティスリー モンサンクレールのオフィシャルオンラインショップです。

あと辻口シェフは以前ご紹介した世界初のロールケーキ専門店「自由が丘ロール屋」も主催していて、このお店のすぐ近くにあります。

自由が丘ロール屋までの道順

チョコ専門店ル ショコラ ドゥ アッシュ

ついでのなので姉妹店(?)「LE CHOCOLAT DE H(ル ショコラ ドゥ アッシュ)」のオンラインショップもご紹介します。

こちらではさまざまなボンボンショコラが30種類(303円~350円)、お洒落で可愛いショコラの詰め合わせ、他にも紅茶や季節のチョコスイーツ、マカロン、焼き菓子、タブレットショコラなどをお取り寄せできます。

また辻口シェフ考案のカカオの実をモチーフにした「ワイルド カカオ ショコラ セパレーター」という、面白いカットツールが販売されていました。

これを使うとお皿の上でボンボンショコラを真上からきれいにカットでき、色とりどりなボンボンショコラの断面を目で楽しみつつ、その美味しさを味わうことができるそうです。

LE CHOCOLAT DE Hのスイーツをお取り寄せ!

実店舗は銀座駅の近くにあり、チョコが好きな方にはぜひオススメです。

ル ショコラ ドゥ アッシュの口コミ

白とオレンジのお洒落で明るい外観

最寄りの自由が丘駅からは徒歩9分。2018年に店内をリニューアルしたとのことで、ホワイトにオレンジのイニシャルの看板が、とてもキレイでお洒落でした。

自由が丘駅からの道順

モンサンクレール周辺のストリートビュー

店内も白を基調にした上品で落ち着いた雰囲気。広いショーケースの中には可愛いケーキが20種類もあり、その横には色とりどりのホールケーキが4種類。

ショーケースの上にはイイ匂いのクロワッサンや、めっちゃ美味しそうなカットのタルトが沢山並んで、目移りしちゃいます。

焼き菓子の種類も多く、マカロンは10種類から選べますし、クッキーは1枚から買うことが出来るので便利でした。

イートインは2人掛けの角テーブルが7つで14席あり、席ごとの距離があまり無いから満席だと少し狭苦しいかも知れません。平日の午前中は意外に空いているという話なので、ゆったり座りたい方にはオススメです。

多彩なドリンクメニュー

ドリンクは下記のアコーディオンメニューをご覧ください。

ドリンクメニュー

コーヒー

  • 竹炭コーヒー            560円
  • ライトテイストコーヒー       560円
  • カフェラテ             750円
  • カプチーノ             750円
  • エスプレッソ(シングル)      580円
  • エスプレッソ(ダブル)       760円
  • アイスコーヒー           700円
  • アイスラテ             750円

紅茶

  • アールグレイ            500円
  • オペラ               500円
  • オリジナルティー          500円
  • ジャルダン・ルージュ(ハチミツ付き)550円
  • アイスティ(アールグレイ)     650円
  • アイスティ(ジャルダン・ルージュ) 650円

ソフトドリンク

  • ホットミルク            540円
  • アイスミルク            650円
  • プレミアムオレンジジュース     750円
  • 抹茶                850円

私は竹炭コーヒー、相棒はアールグレイを頼みましたが、どちらも普通に美味しく、店員さんの応対も親切丁寧で、美味しいケーキを存分に楽しめました。

自由が丘駅からは少し歩きますが、お店の入り口の左側に2台分、左斜向かいに2台分の駐車スペースがあるから、車で行っても便利です。

※ 2021年6月21日からイートイン再開。

※現在はコロナのため17時(LO:16時30分)までの時短営業中。

実家の和菓子店倒産から這い上がった辻口シェフ

辻口博啓シェフを一言で言えば、クープ・デュ・モンドなど超有名な海外の製菓コンクールで何度も賞を受賞している「世界トップレベルのパティシエ」という事でしょう。

2015年には「インターナショナルチョコレートアワーズ世界大会」に初出場し、なんと5作品が金賞、銀賞を受賞するなど、輝かしい成績を残し、テレビや雑誌によく登場するため、ご存じの方が多いと思います。

また石川県にあるご実家は有名な和菓子屋さんで、小さい頃からお菓子作りに親しんで来られたとか。

しかしその和菓子屋さんが18歳の時に倒産し、色々なご苦労があったそうで、その時の事を田原総一朗さんとの対談で熱く語られています↓

辻口:田園調布のフランス菓子店に住み込みで。でも2ヶ月くらいして実家が倒産して呼び戻されたんです。帰ったら地元の蒲鉾屋で就職する手はずが整っていて。最初は就職するつもりで戻ったんですけど、誰もいない厨房を見ていたら小学3年の時に感じた思いや決意が込み上げてきて、3年で一人前になるからと母親を説得して再び東京へ行きました。

これは辛いですね… でも辻口シェフは寝る間を惜しんで必死に修行し、才能を開花させ、有名タイトルを多数獲得、その後辻口シェフはご実家の和菓子屋さんを見事に再建し、大変な親孝行をされたそうです。

こういう一面を見ても、普通の人にはなかなか出来ないことを何としてもやり遂げる「不屈の精神」というのでしょうか。

そういう際立った情熱が、このお店のケーキ達にも、強く込められいている気がしました。

店舗の詳細

モンサンクレール 1998年オープン
住所東京都目黒区自由が丘2-22-4
電話番号03-3718-5200 予約可(ケーキの予約のみ)
営業時間※現在はコロナのためテイクアウトは11時~18時、イートインは11時~17時(LO:16時30分)までの時短営業中。
定休日水曜日(他に臨時休業有り、公式フェイスブックか公式HPで告知)
店舗形態洋菓子専門店
価格帯
(1単価)
生ケーキ:500円~600円台(税込)が主流

イートインあり 2人掛けの角テーブルが7つ 14席

※ 2021年6月21日からイートイン再開。
駐車場あり、4台
特記事項完全禁煙、子供可、カード可(VISA、MASTER、JCB)、店内は原則撮影禁止ですが、目の前のケーキはOKのようです。
SNSfacebook
公式HPモンサンクレール

インスタグラムの参考ページ

https://www.instagram.com/explore/tags/%E3%83%A2%E3%83%B3%E3%82%B5%E3%83%B3%E3%82%AF%E3%83%AC%E3%83%BC%E3%83%AB%E8%87%AA%E7%94%B1%E3%81%8C%E4%B8%98/

実食ブログ

自由が丘のケーキといえば絶対ハズせない!モンサンクレール
今日は地元ネタです。   自由が丘というと、美味しいスイーツのお店がたくさん集まっているイメージです…
pocketlinehatebuimagegalleryaudiovideocategorytagchatquotegoogleplusfacebookinstagramtwitterrsssearchenvelopeheartstaruserclosesearch-plushomeclockupdateeditshare-squarechevron-leftchevron-rightleafexclamation-trianglecalendarcommentthumb-tacklinknaviconasideangle-double-upangle-double-downangle-upangle-downstar-halfstatus